140万円以下! ダイハツの「コンパクトミニバン」がめちゃ人気!? 全長4.1m級×3列で5速MT設定もある「シグラ」インドネシアで活躍

2024年6月26日、ダイハツのインドネシア法人は市場トップシェアを誇る7人乗りのコンパクトミニバン「シグラ」が、2024年上期においてもさらなる伸びを示したと明らかにしました。

セグメント1位のダイハツ「コンパクトミニバン」とは!?

 ダイハツのインドネシア法人は2024年6月26日、同クラスセグメントにおいて2023年の販売首位になった7人乗りのコンパクトミニバン「シグラ」が、2024年上期においてもさらなる伸びを示したと明らかにしました。

日本でも売って欲しい! ダイハツの低価格コンパクトミニバン「シグラ」
日本でも売って欲しい! ダイハツの低価格コンパクトミニバン「シグラ」

 シグラは、2016年にインドネシアで発表されたコンパクトミニバン。

 インドネシアにおける税制優遇策「LCGC(ローコストグリーンカー:低価格エコカー)」に適合しており、発売以来37万台以上を販売する人気モデルとなっています。

 全長4110mm×全幅1655mm×全高1600mm、ホイールベース2525mmとボディサイズはかなりコンパクトですが、3列・7人乗りを実現しています。

 外観はスポーティかつ上質な仕上がり。内装はシンプルで使い勝手の良いデザインとなっています。

 パワートレインは、最高出力88馬力・最大トルク11kgmを発揮する1.2リッター直列4気筒エンジンもしくは、最高出力67馬力・最大トルク9.1kgmを発揮する1リッター直列3気筒エンジンを設定。

 これに組み合わされるトランスミッションは、1リッターエンジン版が5速MTのみで、1.2リッターエンジン版には5速MTと4速ATが選択可能です。

 価格は1億3800万ルピア(約136万円)から1億8360万ルピア(約182万円)。ボディカラーは全7色を用意します。

 2023年に6万3285台を販売し、LCGCに適合するMPV(ミニバン)セグメントにおけるシグラの市場シェアは58%を誇ります。

 ダイハツによると、2024年5月までの5か月では2万5674台を販売し、市場シェアは61%に拡大したといい、今後の動向にも注目が集まるところです。

【画像】めちゃカッコいい! ダイハツ「コンパクトミニバン」を画像で見る(30枚以上)(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 日本の車情報かと思って開いてみれば海外の情報。故意に紛らわしいタイトルを付けてページビューを稼ぐ姑息な手口と取られかねないのでご注意ください。私はこのサイトからのリンクは二度と開かないでしょう。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー