なぜ日本では「バック駐車」が多い? 欧米では「前向き駐車」が基本! 国で違う駐車方法、納得の理由とは?

欧米では「前向き駐車」が主流なのに対し、日本では「バック駐車」をするドライバーが多くいます。なぜ日本ではバック駐車が普及したのでしょうか。

日本で「前向き駐車」が一般的なのはなぜ?

 日本ではクルマを駐車場に止める際に、前向きに駐車するよりもバックで駐車する人が多いことでしょう。
 
 一方、欧米諸国では前向き駐車が主流となっています。
 
 日本ではなぜバック駐車が広まったのでしょうか。

なぜ日本では「バック駐車」が多い?
なぜ日本では「バック駐車」が多い?

 街中の駐車場を見てみると、商業施設などで「前向き駐車をお願いします」と書かれた看板があるところを除き、ほとんどの場所ではバック駐車が一般的です。

 バック駐車は前向き駐車と比べて出庫時の視界が広く、他の車両や歩行者との接触事故を防ぐ効果があるといいます。

 このことから日本の交通教則「交通の方法に関する教則」の第5章「自動車の運転の方法」には、バックでの発進は危険であるため、車庫などに駐車する際にはバックで駐車しておくことが推奨されているのです。

 また、自衛隊や警察などの公的機関でも、車両をバック駐車することが指導されています。

 一方で、アメリカやイギリス、ドイツなどの欧米諸国では前向き駐車が主流です。

 アメリカでは特定の場所で前向き駐車が義務付けられていることもあり、駐車枠に車止めが設置されていない場合もあります。

 明治時代に日本の交通ルールがイギリスを参考にして作られたという説もありますが、なぜ日本ではバック駐車が普及したのでしょうか。

 その理由の1つとして、日本の駐車場が欧米諸国と比べて狭いことが挙げられます。

 日本は世界的に見て人口密度が高いうえ、自動車保有台数も多いため、駐車スペースが限られます。

 特に都市部では駐車場が狭く、前向き駐車をすると切り返しが必要になることが多いため、狭い駐車場でも発進しやすいバック駐車が広まったとのことです。

 また、シンガポールや香港といった日本より人口密度が高い地域でもバック駐車が主流であり、人口密度や自動車保有台数が駐車方法に影響を与えていると考えられます。

 さらに、欧米では自動車盗難への警戒心が強いことも前向き駐車の理由として挙げられており、後ろ向きに駐車した場合と比べて出庫に要する時間が掛かることから、盗難のリスクを減らす効果があるとのことです。

 そのほか、前向き駐車の方が購入した商品や荷物を車に積み込みやすいという利点もあります。

 このように、日本でバック駐車が普及している背景には、交通ルールやマナー、国や地域の交通事情や慣習、風土が色濃く反映されているといえるでしょう。

【画像】「えっ…!」 これが「無断駐車で“モヒカン”にされる」駐車場です!(21枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 前向き駐車の人は安全性を考えてない。面倒な人がやる駐車方法。
    この記事の通り、バック駐車は安全だから普及してます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー