約250万円! ホンダ 新型「コンパクト”ミニバン”」発表! 8年ぶり全面刷新の「フリード」どんなクルマ?

2024年6月27日、ホンダはコンパクトミニバンの新型「フリード」を6月28日より発売すると発表しました。「AIR(エアー)」と「CROSSTAR(クロスター)」の2タイプを設定し、より幅広いユーザーに向けたラインナップとなった新型について紹介します。

「AIR(エアー)」と「CROSSTAR(クロスター)」の2タイプをラインナップ

 ホンダは2024年6月27日、コンパクトミニバンの新型「フリード」を発表しました。翌28日より発売します。
 
 3代目となった新型フリードは、8年ぶりのフルモデルチェンジでどこが変わったのでしょうか。

3代目新型フリードがいよいよデビュー![写真は新型「フリード CROSSTAR(クロスター)」]
3代目新型フリードがいよいよデビュー![写真は新型「フリード CROSSTAR(クロスター)」]

 ホンダのコンパクトミニバンの歴史は、2002年登場の「モビリオ」からスタートしました。

 扱いやすい小型サイズの中に、3列・7人掛けが可能な効率的なミニバンのパッケージングを実現したことで、ファミリーユーザーを中心に支持を集めました。荷室の実用性を高めた2列・5人乗り仕様とともに、新たな市場を開拓することに成功しています。

 その後継車として2008年に登場したのがフリードです。3列シート仕様と2列シート仕様というラインナップはそのまま継承され、2016年には2代目に切り替わっています。

 2代目では、2019年のマイナーチェンジ時にSUVテイストを感じさせるクロスオーバースタイルを採用した「フリード CROSSTAR(クロスター)」を追加し、さらにラインナップを拡大。

 その結果、老若男女問わず幅広いユーザーから根強い支持を集め、モデル末期まで新車販売ランキングの上位に位置する人気モデルとして君臨し続けました。

 そしておよそ8年ぶりのフルモデルチェンジで登場したのが今回の3代目 新型フリードです。

 新型は、ユーザーのライフスタイルに合わせた2つのタイプを設定しました。

 ひとつは、子育て層向けのファミリーカーとして魅力を高めた「フリード AIR(エアー)」で、もうひとつは先代で追加されたフリード クロスターです。

 従来あったベースグレードは存在せず、エアーは標準タイプと上級仕様「EX」というグレード構成とし、クロスターはEX相当の装備レベルを持つモノグレードとしています。

 エアーの外観は、パッケージングの良さを感じさせるシンプルなスクエアフォルムをベースに、ボディサイドにも余計なラインを加えず、張りのある面を強調したクリーンなスタイルとしました。

 ボディサイズは、全長4310mm×全幅1695mm×全高1755mm、ホイールベース2740mm。

 扱いやすいサイズはほぼ先代同様で、全長が45mm長いのが大きな違いです。これは後述するパワートレインの変更による延伸が主な理由となっています。

 全高も105mm高くなっていますが、これはアンテナがシャークフィンタイプになったことによる違いだといいます。

 クロスターはこうしたエアーのスタイルをベースに、アウトドアにも似合う力強さをプラスしています。

 ボディの下回り全周に専用のブラックガーニッシュを採用し、高輝度シルバーガーニッシュやブラックとシルバーで加飾された専用デザインのアルミホイール、LEDフォグランプとともに、アクティブなイメージで仕上げました。

 なおフェンダーのワイド化により新型フリード クロスターは車幅が25mm拡大し1720mmとなるため、3ナンバー仕様となります。

 ボディカラーは各タイプにマッチする色合いを中心に、エアーが9色、クロスターは8色を用意します。

2つの異なる「価値」を用意した3代目の新型フリード[左:新型「フリード AIR(エアー)」/右:新型「フリード CROSSTAR(クロスター)」]
2つの異なる「価値」を用意した3代目の新型フリード[左:新型「フリード AIR(エアー)」/右:新型「フリード CROSSTAR(クロスター)」]

 外装同様に、新型フリードの内装もシンプルで使いやすさを感じさせるデザインを追求しました。

 水平基調のベルトラインやリアクオーターウインドウの拡大、さらにシート背面造形の工夫などにより、3列全席で快適な視界を確保。ボディ剛性の見直しなどによる乗り心地の向上と相まって、乗員全員が快適なドライブを楽しめる配慮がされています。

 インパネまわりは、ドライバーや乗員にとって視覚的なノイズが少ないシンプルな造形で、フードレスの7インチTFT液晶メーターにしたほか、Aピラー(前窓を支える柱)の形状やドアミラー位置も変更され、車両感覚のつかみやすさを高めています。

 エアーでは柔らかなファブリックを配し安らぎを表現。ブラックのほか、グレージュの明るい内装色も設定し、リビングのような雰囲気としています。

 いっぽうクロスターは、アウトドア用品やファッションを思わせるブラックとカーキのコーディネートとしました。

 また各タイプのシート素材や、エアーのインパネのファブリックには撥水性・撥油性をもたせた加工を施し、汚れに強く掃除しやすい仕立てとしています。

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ「“2つ”の新型フリード」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー