280万円から! ホンダが新型「“3列”SUV」実車公開! MT設定&4.5m以下のコンパクトボディが嬉しい「BR-V」尼に登場

ホンダのインドネシア法人は、「ジャカルタ・フェア・クマヨラン2024」に出展し、3列シートSUV「BR-V」の新仕様「N7X プレステージ エディション」を出品しています。どのようなモデルなのでしょうか。

ホンダの「コンパクト“3列”SUV」!

 ホンダのインドネシア法人は、ジャカルタ最大級の複合型展示会「ジャカルタ・フェア・クマヨラン2024」(会期6月12日~7月14日)に出展し、3列シートSUV「BR-V」の新仕様「N7X プレステージ エディション」を出品しています。

超カッコイイじゃん! ホンダ新型「BR-V N7X エディション」
超カッコイイじゃん! ホンダ新型「BR-V N7X エディション」

 BR-Vは、インドネシアで生産される新興国向けのSUV。2015年に初代がデビュー、翌2016年に発売されました。現行モデルは2021年にフルモデルチェンジを受けた2代目にあたります。

 初代は現地カーオブザイヤーをはじめ主要な賞を総なめ。販売面でも国内累計約7万7000台、輸出を含めると約22万台を記録するほどのヒット作となり、その勢いは現行モデルでも続いているといいます。

 ボディサイズは全長4490mm×全幅1780mm×全高1651-1685mm、ホイールベース2700mm。

 日本で販売されているコンパクトSUV「ヴェゼル」よりひと回り大きいサイズ感で、乗車定員は2-3-2の7人乗りとなっています。

 パワーユニットは最高出力121ps/最大トルク145Nmを発生する1.5リッター直4ガソリンエンジンで、CVTまたは6速MTを組み合わせています。

 新仕様のN7Xプレステージエディションは、シルバー加飾を多く施した最上級グレードです。

 主な特別装備は、クロームフロントグリル、LEDフォグランプ、アンダースポイラー、17インチブラックホイール、サイドアンダースポイラー、テールゲートスポイラー、リアアンダースポイラー、バンパー開口部まわりのガーニッシュなど。

 BR-Vの価格は2億9290万ルピア(約280万円)からで、N7Xプレステージエディションは3億4340万ルピア(約330万円)、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を装着すると3億6340万ルピア(約350万)となります。

 ちなみにN7Xという名はNew 7-Seater eXcitementが由来となっています。

【画像】超カッコイイ! ホンダ新型「”3列”SUV」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. wr-vの成功を見て、N7X(BR-V)も売ってくれないだろうか。フリードクロスの少し上、ベースグレードを300万円くらいに設定すれば日本でも売れそうな気がするが。
    まぁ日本人にはウケないか。

  2. 見出し「冒頭」にしっかり「インドネシア市場で」と明記すべき。毎回そうだが日本市場で発売しない海外市場専用モデルを紛らわしく見出しにしてビュー数を稼ぐのは見苦しいですよ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー