約345万円! 日産「新型コンパクト“セダン”」実車公開! 全長4.5m以下ボディ&迫力顔が“超スポーティ”な「SR」伯に登場

日産のブラジル法人は2024年6月8日、2025年型「ヴァーサ」の新グレード「SR」を、サンパウロのショッピングモールに6月21日まで実車展示すると発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

日産新型「コンパクトセダン」実車公開!

 日産のブラジル法人は2024年6月8日、2025年型「ヴァーサ」の新グレード「SR」を、サンパウロのショッピングモールに6月21日まで実車展示すると発表しました。

めちゃスポーティなSR仕様!
めちゃスポーティなSR仕様!

 ヴァーサは、かつて日本でも生産、販売されていた「サニー」(1966~2004年)、「ティーダ ラティオ」(2004~2012年)の流れを汲むコンパクトセダンの最新モデル。北米や南米のほか、アジアでも「アルメーラ」などの車名で販売されています。

 ブラジル仕様のボディサイズは全長4495mmX全幅1740mmX全高1475mm、ホイールベース2620mm。

 パワーユニットは1.6リッター直4エンジンで、CVTを組み合わせています。最高出力110hp(バイオエタノールは113hp)、最大トルク15.2kgm(同15.3kgm)を発生します。

 外観は2022年のマイナーチェンジで、最新世代のデジタルVモーショングリルが採用され、ワイド感と先進的な雰囲気が高まりました。そんなヴァーサを、さり気なくスポーティに仕立てたのが新グレードのSRです。

 SRの特徴的な装備は、黒艶のフロントグリル、ウインカー付きブラックアウターミラー、16インチダイヤモンドカットアルミホール、トランクリッドスポイラー、赤いSRエンブレムとなります。

 内装はシートやダッシュボードなどに施されたオレンジのステッチ、メーターナセルやドアハンドルまわりなど随所に施されたカーボン調パネル、ピアノブラック仕上げがSR専用となっています。

 快適・安全装備も充実しており、スマートフォンとの連携機能を通じて各種サービスやエンターテインメントを提供するコネクテッドサービス(ニッサンコネクト)が標準装備されています。

 ヴァーサの価格は11万7590レアル(約345万円)からで、SRは12万3990レアル(約365万円)となっています。

【画像】超カッコイイ! 日産「新型コンパクト”セダン”」の画像を見る(48枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー