ホンダが新型「軽バン」発表! 斬新“1人乗り&前後2人乗り”設定も!? 一方で「交換式軽バン」発売は? N-VAN同士で何が違うのか

ホンダは軽商用バン「N-VAN e:」を2024年10月10日に発売することを明かしました。固定式バッテリーを搭載するN-VAN e:ですが、ホンダは交換式バッテリーの「MEV-VAN」も開発していますが、どのような違いがあるのでしょうか。

ホンダが新たな軽商用EV「N-VAN e:」発売! そういえば「MEV-VAN」どうなった?

 2024年6月13日にホンダは新型「N-VAN e:」を正式発表しました。発売は同年10月10日を予定しています。
 
 軽商用EVとなるN-VAN e:ですが、ホンダはバッテリー交換式の「MEV-VAN」というモデルも開発中です。どのような違いがあるのでしょうか。

ホンダが待望の「N-VAN e:」を正式発表! 特徴は?
ホンダが待望の「N-VAN e:」を正式発表! 特徴は?

 新たに発表されたN-VAN e:は、既存の「N-VAN(ガソリン車)」をベースにしたEVです。

 N-VANの特徴となる広い室内空間や助手席側センターピラーレスなどにより、商用・乗用共での高い使い勝手を継承しています。

 さらにN-VAN e:では、床下に大容量バッテリーを搭載するものの各部品の小型化や配置改良などによる様々な工夫により底上げをほぼせずに広い空間を維持しました。

 なおEVとしての一充電走行距離(WLTCモード)は245kmを実現し、充電時間は普通充電(6.0kW出力)で約4.5時間、急速充電(50kW)で約30分と利便性も追求しています。

 また用途に応じたグレード(シートバリエーション)を設定し、4人乗りの「e:L4」「e:FUN」や、前後2人乗りの「e:L2」、運転席のみの「e:G」をラインナップ。

 価格は243万9800円から291万9400円です。なお補助金を使うことで全グレードで200万円を切ることが可能だと言います。

 そんなN-VAN e:ですが、ホンダには同じくN-VANをベースとしたMEV-VANも存在します。

床下に交換式バッテリー「モバイルパワーパックe:」を搭載するMEV-VAN
床下に交換式バッテリー「モバイルパワーパックe:」を搭載するMEV-VAN

 MEV-VANは、車載専用バッテリーを備えるN-VAN e:に対して、ホンダが手掛ける交換式リチウムイオンバッテリー「モバイルパワーパックe:」を搭載したモデル。

 モバイルパワーパックe:とは、電動モビリティ/機器の動力源として活用が可能な1.3kWh以上の大容量電力を貯蔵するリチウムイオンバッテリーです。

 さらに交換が簡単なうえに防水や耐衝撃といった高耐久性能も追求し、制御ユニットを搭載し起きた事象を記録できるなどの特徴も。

 これまでホンダの電動バイク「BENLY e:」や「GYRO e:」に搭載されていましたが、そのクルマ版がMEV-VANとなります。

 MEV-VANには、助手席後方の床下にモバイルパワーパックe:を8本搭載。

 8個すべてを満充電した状態での航続距離は75kmとなり、合計電圧は50.3V、最大出力20kW、容量10.4kWh、総重量82.4kgです。

 パワーユニット(開発中の数値)の出力は14kW、最高速度70km/h、最大積載量250kgを実現しています。

 MEV-VANはこのモバイルパワーパックe:を動力源に採用し、日中に太陽光発電で充電された交換式バッテリーを載せ替えて使うことで、充電待機時間の削減や電力使用ピークの緩和など、より効率的なエネルギーマネジメントの実現に貢献するといいます。

 すでに2023年には、「第13回国際スマートグリッドEXPO」や「第1回ジャパンモビリティショー2023」などのイベントで展示されている他、同年11月には群馬県内で実証実験も行われているようです。

 第13回国際スマートグリッドEXPOでは、MEV-VANについて開発担当者は次のように語っていました。

「MEV-VANは着脱式バッテリーMPPによって軽バンを走らせるためのスタディモデルになります。

 MEV-VAN が目指すところはガソリン軽商用車の代替ではなく、いわゆる『ラストワンマイル』需要にこたえるもので、1日100km超の配送を想定しています。

 フル充電でスタートし午前中の配送を終えたところで営業所に戻ってバッテリーを交換。お昼の休憩をはさんで午後の配送に出かけるというような使用です。

 近い範囲にエリアをしぼった配送などを想定しているので、必要最小限の航続距離と動力性能になっています。

 ホンダが2024年春に発売する「新型軽EV(今回のN-VAN e:)とのすみ分けもできると考えています」

 またN-VAN e:の発表会にて、MEV-VANの進捗を前出とは異なる担当者は次のように話していました。

「MEV-VANはすでに色々な場でクルマとしては出させていただいていて、技術探索は当然しています。

 MEV-VANは選択肢の一つだと思います。では、それがどれくらいのお客様に、どういった商品を、どれぐらいの性能で、というところの見極めがまだ我々は必要だと思っています。

 そういった意味で言うと、今回は固定バッテリーの商用軽バン(N-VAN e:)という位置づけは、ガソリン車から代替えした時でも変わらない走破性能だとかを持っています。

 最初のEVのお客様はガソリン車から当然比較されますので、そういった意味で性能面がある程度理解されているので、今回N-VAN e:を発表することになりました。

 MEV-VANについては、技術探索をしている最中ということになります」

※ ※ ※

 今回、発表されたN-VAN e:はヤマト運輸と共同で実証実験を行ってきたと言い、実際のドライバーや輸送時の課題を盛り込んでいると言います。

 すでに三菱・日産は軽商用EVを販売しており、今回のN-VAN e:、そして今後はトヨタ・ダイハツ・スズキの軽商用EVも登場を控えています。

 軽商用EV市場がどのように盛り上がっているのか、注目です。

【画像】「えっ…!」斬新黒ボンネット軽バン! 画像を見る!(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー