トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGに反響も

1990年に登場したトヨタ「エスティマ」の次期型を予想したCG画像がSNSに公開され、ユーザーから反響が集まっています。

次期型「エスティマ」CGに反響!

 1990年に「天才タマゴ」というキャッチコピーを掲げてデビューしたトヨタのミニバン「エスティマ」。そんなエスティマの次期型を予想したCG画像が公開され、ユーザーから反響が集まっています。

こんな姿に!?(Photo:Celica Reboot)
こんな姿に!?(Photo:Celica Reboot)

 初代エスティマはそれまで登場していたクルマとは異なる、新コンセプトのミニバンとして登場しました。なお、欧米では「プレビア」という車名で展開されていました。

「走る楽しさ」と「使う楽しさ」の両立を目指し、フロア中央下にエンジンを75度倒して搭載し、フラットフロアによる広くて快適な室内空間を生み出すとともに、優れたハンドリングと走行安定性を実現。

 エクステリアは「卵形」をテーマにしたスタイリングで、画期的なパッケージングと合わせて「天才タマゴ」とうたわれました。

 国内では2000年に初の全面改良でFF(フロントエンジン・フロントドライブ)ベースのものに刷新し、2006年に2度目の全面改良が行われるも、2019年に生産終了となりました。

 そんななか、今回SNSに投稿されたCG画像は、投稿者が次期型エスティマを予想した「プレビア スポーツ エレクトリック コンセプト」(以下プレビアEV)です。

 初代のイメージを踏襲しながらワイド&ロー化とともにEV(電気自動車)化。スタイリングの洗練度を高めており、テールランプをバンパー真上に低く配置したデザイン処理は、欧州のクラシックなスポーツカーをヒントとしています。

 ちなみに、想定するライバル車は、2024年末以降に発売予定のミニバンEVであるフォルクスワーゲンの新型「ID. BUZZ(バズ)」だといいます。

※ ※ ※

 今回の投稿に「これはカッコイイ」「いいかも!」と好反応の声、また「エスティマ復活してほしいなあ」「ちょうどよかったんだよな」などエスティマを熱望する声なども寄せられていました。

 このCGはもちろんメーカー非公認の非現実的なものですが、次期型エスティマを巡る情報には、EVとして登場する見方が強くあります。

 果たして“天才タマゴ”が復活する可能性はあるのか、トヨタの動向から目が離せません。

【画像】超カッコイイ! トヨタ「次期型エスティマ!?」を画像で見る(28枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. トヨタ。燃料ポンプに続いてエアバッグが開かない欠陥が一部の車種で判明。
    不正に続いてリコール内容がエグいな。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー