「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!

かつて安全に減速・停車するための技術として教習所で教えられた「ポンピングブレーキ」。クルマの進化によって不要になったとも言われますが、実は現代においても有用な場面が存在します。

「ポンピングブレーキ」って何やねん?

 自動車の運転免許を持っている人なら、教習所で「ポンピングブレーキ」という技術について教わったことがあるはずですが、あまりにも昔のことで「それなんだっけ?」となる人もいるかもしれません。
 
 クルマの進化によって「不要になった」とも言われるこのポンピングブレーキ、実は現代においても有用な場面が存在します。

「ポンピングブレーキ」って何やねん?
「ポンピングブレーキ」って何やねん?

 ポンピングブレーキというのは、ブレーキペダルを断続的に踏んで、車両の減速をコントロールする技術です。

 これは、車輪がロックするのを防ぎ、車両の制御を維持しながら速度を落とすのに役立ちます。

 具体的には、ブレーキを一度に強く踏み続けるのではなく、ブレーキペダルを連続して押し込んだり放したりすることで、車両が滑るのを防ぎ、制御の可能な状態を維持しながら減速できるというもの。

 かつての教習所では、「危険な状況になったときに一気にブレーキを踏むと車輪がロック状態になって制御できなくなり、“横滑り”などを起こすので危ない。そのような状況ではポンピングブレーキを使いましょう」などと習ったものです。

 しかし現在では、ほとんどのクルマにタイヤのロックを防止するための「ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)」が搭載されています。

 このABSとは、ブレーキペダルを強く踏んでもコンピューターがタイヤのロックを防ぐため、ブレーキ圧を自動で調整する機能。

 ABSを搭載したクルマであれば、ブレーキのロックによるスリップを最小限に抑え、ハンドル操作が可能なまま速度を落とすことができるのです。

 いわば、教習所で習ったポンピングブレーキをコンピューターが代行してくれる安全装置だと言えるでしょう。

【画像】「えっ…!」これがブレーキ操作に適さない「履物」です(21枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 「車間距離を十分に保つ」2度言わなくても…
    「相続車」?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー