”普段は見えない”部品や技術がくるま社会を大きく変えるかも!? 「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」ブース紹介 村田製作所/NOK 編

「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」(通称:人テク)が、2024年5月22日から5月24日の3日間にわたってパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催されました。今回は、村田製作所とNOKブースを紹介します。

タイヤにタグを「埋め込んで」情報管理!村田製作所が提供する技術ソリューション

 公益社団法人自動車技術会が主催する「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」(通称:人テク)が、2024年5月22日から5月24日の3日間にわたってパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催されました。本イベントは「人と知をつなぎ、モビリティの未来を支える」というミッションのもとに行われる、自動車技術のための国内最大の技術展です。

 例年の開催会場であるパシフィコ横浜「アネックスホール」に今年は「ノース」も追加。ブース面積に合わせて出展社数も増加し、前年から2割増加の3日間合計で7万5972人が訪れるほどの盛況となりました。

 本記事では「村田製作所」「NOK」のブースに展示されていた製品、技術について取材した様子を紹介します。

タグが埋め込まれた位置に専用端末を近づけて情報を読み取る様子。展示したタイヤは、タクシー専用オールシーズンタイヤであるダンロップ「ALL SEASON MAXX AS1 for TAXI」
タグが埋め込まれた位置に専用端末を近づけて情報を読み取る様子。展示したタイヤは、タクシー専用オールシーズンタイヤであるダンロップ「ALL SEASON MAXX AS1 for TAXI」

 村田製作所は、セラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行う世界的な総合電子部品メーカーです。

 今回の人とくるまのテクノロジー展2024 YOKOHAMAでは、安全で快適なモビリティライフの実現に向けて、自動車の電子制御や電装化が進む昨今の自動車業界に対し、安全性や快適性、社会課題に貢献するソリューションの展示がおこなわれていました。そのなかで特に注目したのがタイヤ管理ソリューションの「RFIDモジュール内蔵タイヤ」です。

 RFIDは「Radio Frequency Identification」の略称で、無線通信を利用した自動識別管理技術のことを指します。モジュール自体の部品の大きさは長さ6mm、幅と高さは1mmと非常に小さく、タイヤ自体の性能へ影響を与えない前提のもと開発が進められました。タイヤへは、スプリングアンテナと一体化された状態で、サイドウォール部分に埋め込まれています。

 本技術を活用すると、タイヤの装着や修理された日時などの情報を、専用の端末を近づけることで読み取ることができ、車両の管理や点検の情報などをデジタル化して計測することが可能。その結果、業務の効率化に結び付けられるとしています。当日ブースでは、実際に端末を使用してタイヤにひもづく個別情報を読み取るデモンストレーションも実施していました。

 この「RFIDモジュール内蔵タイヤ」はミシュランの大型車用タイヤ、ダンロップ(住友ゴム工業)の大型車用タイヤや、タクシー用のオールシーズンタイヤに採用されています。現在、国内では主に商用車の運行管理向けとしての用途が想定されていますが、このツールや技術を今後どのような活用ができるか、村田製作所はその可能性を、タイヤメーカーの戦略に合わせて模索していきたいとのことです。

あなたの疲れとストレスが偏差値で可視化される!?「疲労ストレス計」

 また村田製作所のブースでは、「疲労ストレス計 MF100」の展示もおこなれていました。

 本製品は心拍と脈拍を計測し、その算出数値からビッグデータの分析を通じて自律神経のバランスと偏差値を示し、客観的な評価や数値化が難しい「疲労・ストレス度」を可視化する製品です。

疲労ストレス計 MF100を使用し「疲労・ストレス度」を測定中の様子
疲労ストレス計 MF100を使用し「疲労・ストレス度」を測定中の様子

 会場ブースでは、実際に記者自身の状態を測定する体験ができました。

 製品自体は少しコンパクトなドライヤーのような形で、これを正しい指の位置で両手で握りリラックスした状態で計測を開始します。しばらくすると、無線接続されたスマートフォンに測定データや情報が入り、実際に現在の自身の疲労ストレス度合いを確認することができます。

 実際に計測してみると、自律神経機能偏差値は高めに、自律神経のバランスは交感神経に、という数値が算出されました。担当者いわく疲労の総合判定と照らし合わせ、「今、お仕事モードになっていますね」とのことで、まさに取材時の状況が表示されました。

 村田製作所のブース担当者は、今後も継続してこのような技術的ソリューションの提案をおこない、展示会などを通じて自動車を中心とした各メーカーとの交流を図りながら、実際にこれらを活用してどのような価値提供の可能性があるかについて議論する場にしていきたいと話してくれました。

【画像】小さな技術に込められた大きな可能性!「村田製作所」「NOK」のブースを見る(18枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー