まさかの「ランボルギーニ“ミニバン”」に驚きの声! “V12”搭載&ガルウィング採用!? 斬新「2列目1人乗り」仕様の「ジェネシス」に反響集まる

1988年にベルトーネが提案した、ランボルギーニ向けミニバンのコンセプトカー「ジェネシス」。ぶっ飛んだコンセプトとデザインのジェネシスに対し、SNSなどでは多くの反響が寄せられています。

斬新すぎる! V12搭載の「ガルウィングミニバン」!

 1970年代後半、子どもたちの間で一大ブームとなった「スーパーカー」ですが、その人気をけん引したのが当時のスーパースポーツカーであるランボルギーニ「カウンタック」でした。
 
 超高性能なエンジンに加え、常識を覆す斬新なスタイリングやガルウィングドアが特徴でしたが、そんな魅力を「ミニバン」に落とし込んだコンセプトカーのランボルギーニ「ジェネシス」に対し、いま改めて注目が集まっています。

V12エンジンは前に搭載! 破天荒すぎるランボルギーニのミニバン「ジェネシス」
V12エンジンは前に搭載! 破天荒すぎるランボルギーニのミニバン「ジェネシス」

 ランボルギーニは、スーパーカーを中心に製造するイタリアの自動車メーカー。農業用のトラクターなどの製造を経て、1960年代から高級スポーツカーなどを手がけるようになります。

 そんなランボルギーニの高性能な5.2リッターV型12気筒エンジンを用いて、多人数乗車可能な「ミニバン」をつくるという破天荒なクルマがありました。

 それが、1988年にイタリアのカロッツェリア(デザイン工房)「ベルトーネ」社が提案した、ランボルギーニ向けミニバンのコンセプトカー「ジェネシス」です。

 モノフォルムの未来的なスタイリングで、室内は3列シートレイアウト。

 前から2名、1名、2名という変速的な配置となっており、後席スライドドアからアクセスした乗員がスムーズに3列目席へ移動できるように工夫されていました。

 さらに前面にはガルウィングドアが使用され、非常に斬新な印象を与えます。

 最高出力455馬力を発生させる「カウンタック クワトロバルボーレ」用のV12エンジンはフロントに搭載され、前席シートはその巨大なエンジンの上にレイアウトされていました。

 ジェネシス自体はあくまでもコンセプトカーですが、一説によると市販の可能性についても検討がおこなわれていたというから驚きます。

 そんなあまりにぶっ飛んだコンセプトとデザインのジェネシスに対し、SNSなどでは多くの反響が寄せられています。

 多かったのは「夢がある!」「楽しい」「ミニバンにもこういう遊び心が欲しい」といった声でした。

 また「スーパーカー世代にとって“ランボ”は特別」「ランボルギーニのSUV(ウルス)には驚いたけど、まさかミニバンまであったとは」など、かつて「カウンタック」などにときめいた層にとっても興味深いクルマに映ったようです。

 1988年のコンセプトカー“ジェネシス”は、残念ながら市販化に至りませんでした。しかしこの先、こうした高級スーパーカーブランド製ミニバンのような夢のある「ぶっ飛んだ」市販車が登場することを、引き続き楽しみに待ちたいところです。

【画像】めちゃカッコいい! ランボルギーニ「ミニバン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. サンルームや

  2. つい数週間前に同じ車の記事をココで見たな…

    • ライターが書いた記事に思いの外アクセスがあったので編集部で『驚きの声!反響集まる』と纏めたのかもw
      メーカー毎の記事一覧からすぐ飛べるから確認しやすいし、実際記事見たけどくるまのニュースクオリティを実感した。その記事書いたライターは悪くないけど編集部がこんなんじゃ…。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー