なぜ背の高い「SUV」増えた? 新車“6割”を占める現実… 「セダン」「ワゴン」より何が優れている? シェア拡大の理由とは

現在、人気モデルはSUVが多くを占め、街でもSUVを見かけることがかなり増えました。一体なぜSUVが人気なのでしょうか。

なぜ「SUV」ここまで増えた?

 このところ、街でSUVを見かけることが激増したと感じている人は多いことでしょう。
 
 日本の新車乗用車販売における昨今のSUV比率は、なんと約6割。10台の乗用車が売れたらそのうち6台がSUVと聞けば、街でSUV見かけることが増えていることも納得できます。

「SUV」人気の秘訣は? (写真はスバル 新型「クロストレック」)
「SUV」人気の秘訣は? (写真はスバル 新型「クロストレック」)

 この6割という数字は、コンパクトカーから全長5mを超える大型の乗用車まで含むもの(軽自動車は含まず)。

 これまでセダンやハッチバック、ステーションワゴン、そしてミニバンに乗っていたユーザーが多くSUVに買い替えているというわけです。

 では、SUVのメリットはどこにあるのでしょうか。

 まず、SUVに乗るたびに実感できるメリットのひとつが、高い乗降性でしょう。

 SUVは地面に対する着座位置がセダンやハッチバックよりも高く、その高さによって乗り降りする際の姿勢変化(身体の動き)が少なく済みます。

 乗り込む際には、沈み込むような身体の動きとなるスポーツカーと比べるとSUVのほうが楽に乗り降りできることはイメージできると思いますが、それはセダンやハッチバックに対しても同様なのです。

 特に「クロスオーバーSUV」と呼ばれる、本格的なオフローダーほど背が高くないSUVにおける乗り降りのしやすさは抜群。一度知ってしまえば、もう背の低いタイプのクルマには戻れないかもしれません。

 そして、SUVは運転においても楽なことがあります。それは道路と駐車場の境目などにある細かい段差を気にしなくて済むこと。

 SUVはタイヤの径が大きく、また地上高(地面と車体の間隔)も広めです。

 そのため、SUV以外のタイプに比べると段差などで車体の下を擦る可能性が少なく、小さな段差に気を遣わなくていいから楽なのです。

 同様に、降雪地域に住む人にとっては、車体下の雪が障害となってスタックする確率が減るのも大きなメリットと言えるでしょう。

 また、着座位置が高いことから道路を走っているときに周囲が見えやすいのもポイント。

 かつてと比べて背が高いクルマが道路上に増えた今、見晴らしがいいSUVは運転しやすさにもつながります。

 さらに、乗員にとってダメージポイントが近くなる「側面衝突」に対しても、様々な安全対策がなされてきています。

 たとえば、ハイエンドセダンのメルセデス・ベンツ「Sクラス」やアウディ「A8」では、そうした側面衝突の安全性を高めるために、横から衝突されそうになるとレーダーで検知して瞬時に車高を上げて自車のダメージを減らす機能が設定されています。

 わずか数センチ車高を上げることにより、衝突エネルギーをドアに集中して受けるのではなく、サイドシルと呼ばれる車体脇下の頑丈な部分で受け止めることで、エネルギーを分散させ、一部が集中的につぶれるのを防いで乗員を守るというアイデアです。

 セダンなど背の低いクルマに比べると、SUVが側面衝突時に乗員へのダメージを減らしやすい傾向にあるのは、それと同じ理屈です。

 車高が高いことで、そもそもサイドシルも高い位置にあるので、SクラスやA8が側突直前に車体を持ち上げるのと同じ効果があるのです。

 それらがSUVのメリットと言っていいでしょう。

【画像】超カッコイイ! これが「イマ売れてるSUV」です! 画像で見る(75枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 衝突安全性や、乗り降り、見晴らしが良いとかで選ぶ人は少数でしょ。車に興味無い人が外観がかっこいいからで何となく選んでるだけでしょう。ちなみに、走破性のないなんちゃってSUVなのに、走破性あるの勘違いして乗ってる人もいますね。

  2. くるまのニュースはSUVが大好きですね…だからSUVばかり記事を書くとまた書きたくなるんだね。本当にSUV依存ですな。

    工藤貴宏氏もそうたが最近のモータージャーナリストや自動車評価家は本当に酷い。10年前と比べSUVばかり乗ってレポートした結果、SUV依存になったわけ。ギャンブル依存やたばこ依存、アルコール依存もそうだが、SUV依存も治らないので本当に怖いです。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー