日産「新型コンパクトSUV」発表! 斬新“デザイン”が超スタイリッシュ! 6速MTアリ&鮮烈イエロー復活の「ジューク」豪に登場

2024年5月13日、日産のオーストラリア法人は、「ジューク」の新たな改良モデルを発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

鮮烈イエロー復活! 日産新型「ジューク」登場

 2024年5月13日、日産のコンパクトクロスオーバー「ジューク」の改良モデルがオーストラリアで発売されました。

鮮烈イエローがイイ! 日産 新型「ジューク」
鮮烈イエローがイイ! 日産 新型「ジューク」

 ジュークは、欧州に軸足を置いて開発されたデザインコンシャスなコンパクトクロスオーバーSUV。

 2010年に誕生した初代は日本でも販売され、全世界で100万台以上の販売を記録しました。

 国内未導入の現行モデルは2019年のフルモデルチェンジを受けた2代目にあたります。初代で好評だった個性的なデザインイメージを踏襲しながら、ボディサイズがひと回り大きくなっています。

 全長4210mm×全幅1800mm×全高1595mm、ホイールベース2636mm。日本でも販売されている日産「キックス」に近いサイズ感です。

 パワートレインは、1リッターガソリンまたは1.6リッターハイブリッドの2タイプあります。

 前者は6速MTまたは7速DCTとの組み合わせで最高出力114ps/最大トルク200Nmを発生します。

 後者は日産・ルノー・三菱アライアンスで共有されるもので、システム全体の最高出力143ps/最高出力205Nmを発生します。

 今回オーストラリアで発売された改良モデルは、フェイスリフトによって、Vモーショングリルにあしらわれたメッキ部分のデザインが変更され、すっきりとした印象になりました。

 また、初代に一時期設定されていたイエローのボディカラーが復活したのもトピックです。ピラーやルーフをブラックにしたツートーンと、新デザインのブラックホイールを選べば、コントラストが一段と鮮やかとなり、個性的なスタイリングと相まって、街でも注目を集めそうです。

 インテリアも新しいデザインになりました。

特に大きな変更点となるのがインパネ中央です。ディスプレイの大型化にともない、その周辺デザインが見直され、エアコンの吹き出し口も従来の円型から横長型に変更されました。

 ワイヤレス充電機能を追加するなど、機能の充実も図られています。

オーストラリアにおける新型ジュークの価格は、2万2990ユーロ(約390万円)からとなっています。

日産・ジューク のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! 日産「新型コンパクトSUV」を画像で見る(84枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. 豪で販売やて

  2. オーストリア?オーストラリア?どっちよ。

  3. 丸目の中の核物質マークみたいなのやめたほうがいい
    ふつうに丸全部光るハロゲンランプのほうが似合うよ
    なんなら大型フォグランプにしたらいいし
    あんなヘンな形で一部だけ光るんじゃ丸である意味が無いよ

  4. 日本では黄色系の車が少ないので是非発売してほしい

  5. 1.6 L のハイブリッドを採用するんだったら日本に導入してもいいんじゃない ?キックスなんかやめたらいい

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー