日産「新型エルグランド&スカイライン」いよいよ登場か!? 2026年までに日本導入“5車種”に「激論」集まる!

日産が発表した新たな経営計画「The Arc」では、日本で向こう3年に新型車5モデルを導入すると言及しましたが、その具体的な車種名についてSNSなどで議論を呼んでいます。どのようなクルマが登場するのでしょうか。

「リーフ」や「キックス」も登場か! 日産の新型車は何が出てくる!?

 日産は2023年3月25日、新たな経営計画「The Arc」を発表しました。すでに発表済みの長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」までの道程を示すもので、2026年度までの中期の取り組みと、2030年までの中長期までの取り組みを説明するものです。
 
 特に注目されるのは2026年度までの計画ですが、なかでも国内は「乗用車ラインナップの80%を刷新」「5車種の新型車を投入」「電動車の割合を70%に」「販売60万台」と発表され、具体的な導入車種が気になるところです。どのようなモデルになるのでしょうか。

次期型「スカイライン」はどうなる!?
次期型「スカイライン」はどうなる!?

 現在の日産の乗用車ラインナップは14車種ですが、「乗用車ラインナップの80%を刷新」といっても、全てをフルモデルチェンジするのは現実的ではありません。

 なかでも「サクラ」「エクストレイル」「セレナ」「フェアレディZ」は2022年導入ですから、それ以外すべてがフルモデルチェンジするとも解釈できそうですが、実際にはマイナーチェンジを含む「刷新」の可能性が高いでしょう。

 次に気になるのが「5車種の新型車種」は何かという点ですが、The Arcの説明会でコンパクトSUV「キックス」が2024年に刷新されると発表されており、実際同じ3月25日には北米でワールドプレミアを果たしています。

 この新型キックスが国内に導入される可能性は高そうです。

 このクルマを除いた4モデルのうち、国内でデビューから10年以上が経過した「スカイライン」と「エルグランド」が刷新される可能性は非常に高いと見られます。

 SNSなどでは、日産The Arcにおける“国内5車種”を予想する議論が白熱しているようです。

 多かったのは、量販BEV(バッテリーEV:電気自動車)の先駆者である「リーフ」。現行型は2017年登場で、フルモデルチェンジの噂がのぼっており「リーフはそろそろ新型が欲しい」「いよいよリーフの時代が来た!」など、期待を述べる意見も見られます。

 また、現在日産にラインナップがないコンパクトミニバンもしくはコンパクトハイトワゴンの新規導入を予想する声もあり、「早くシエンタの対抗馬を」「キューブは名車だった」「ラフェスタ後継車はいつ出るんだろう」など、具体的な車名を挙げながら、新型車を待ち望んでいる様子が伝わります。

※ ※ ※

 The Arcで公開された新型車群のシルエットを映し出した動画には、しっかりと丸型4灯テールランプのクーペ風モデルと、大型ミニバンの姿がありました。

 いうまでもなくスカイラインとエルグランドを想起させる姿であり、この2台の登場は確実ではないでしょうか。

 今後の日産の発表が待ち遠しいところです。

【画像】めちゃカッコいい! 日産「新型スカイライン&エルグランド!?」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー