マツダ新型「“3列”SUV」世界初公開へ! 全長5mの「FRマシン」は日本導入へ! 直6採用? 価格は340万円? 新型「CX-80」どんなモデルとなるのか

マツダはドイツにおいて、新型「CX-80」を4月18日に発表すると予告。2024年5月より先行予約を開始し、秋から正式に発売されるようですが、その新型CX-80とは、どのようなクルマになのでしょうか。日本導入も期待される同車を予想します。

新型「CX-80」まもなく世界初公開へ! どんなクルマになる?

 マツダはドイツにおいて、新型「CX-80」を4月18日に発表すると予告しました。2024年5月より先行予約を開始し、秋から正式に発売されるようです。では、その新型CX-80とは、どのようなクルマなのでしょうか。

これが新型「CX-80」なのか! 超カッコイイ!
これが新型「CX-80」なのか! 超カッコイイ!

 新型CX-80は、マツダが「ラージ商品群」と呼ぶクロスオーバーSUVです。「ラージ商品群」とは、従来のFFプラットフォームではなく、新たに開発されたFRプラットフォームを使うのが特徴です。

 価格も、従来からあるクロスオーバー「CX-5」などよりも上に位置します。車種的には、2022年にデビューした「CX-60」が第一弾となり、それ以外に「CX-70」、CX-80、「CX-90」がラインナップされる予定で、今のところ、全部で4モデルです。

 これらの4モデルは、2つのボディタイプと、2つのシートタイプが用意されています。ボディは標準とワイドの2つで、シートは2列と3列シートです。これを組み合わせて、標準ボディの2列シートがCX-60、ワイドボディの2列シートがCX-70、標準ボディの3列シートがCX-80、そしてワイドボディの3列シートがCX-90となります。そして、標準ボディは日本と欧州、ワイドボディが北米などで販売されます。

 以上の要件をまとめると、以下のようになります。

CX-60:標準ボディ/2列シート/日本・欧州で販売
CX-70:ワイドボディ/2列シート/北米で販売
CX-80:標準ボディ/3列シート/日本・欧州で販売
CX-90:ワイドボディ/3列シート/北米で販売

 つまり、新型CX-80」は、すでに日本国内で販売されているCX-60の3列シート・バージョンとなります。過去に販売されていた3列シートのクロスオーバーである「CX-8」の後継車とも言えます。

ただし、CX-8はFFプラットフォームでしたが、今度はFRプラットフォームになります。

 ドイツのマツダによるリリースには新型CX-80のもう少し詳しい説明があります。

「全長は約5000mm、ホイールベースは3000mm超。全長はCX-60より約250mm長く、ホイールベースも同程度延長している。2列目シートは独立した2つのキャプテンシートで、3列目は折り畳み式」であるといいます。

 ちなみに、日本で販売されるCX-60のサイズは、全長4740mm×全幅1890mm×全高1685mmでホイールベースが287mmです。これに全長とホイールベースそれぞれに25mmプラスすると、全長が4990mmに、ホイールベースが3120mmとなります。

 過去に販売されていたCX-8は、全長4925mm×全幅1845mm×全高1730mmで、ホイールベースが293mmでした。つまり、新型CX-80は、CX-60よりも長く、過去のCX-8よりも、若干大きいことがわかります。

 またドイツのマツダは、新型CX-80は「欧州で販売するマツダ車で最も広い室内空間」を持つ「ドイツのマツダのフラッグシップ」になると説明しています。

 デザインは、一部しか公開されていませんが、ヒントは他にあります。マツダは、同じラージ商品群のCX-90(北米仕様)を2023年2月に発表しています。

 また、2024年1月には、CX-70(北米仕様)も公開しています。それを見ると、バンパー周りのデザインに違いはありますが、グリルとライト周りには、既存のCX-60との統一感があります。

 それを鑑みれば、新型CX-80だけが異なる顔つきになるはずもないため、新型CX-80のグリル回りは、CX-90に近いものになるのではないでしょうか。

 ちなみに、マツダはラージ商品群のパワートレインに関しては、仕向け地ごとに異なるものを用意すると説明しています。欧州はプラグインハイブリッドを中心に直6のガソリンとディーゼルの48Vマイルドハイブリッドなどを提供。北米にはガソリン・エンジンのターボを。そして、日本には直列6気筒のディーゼルと48Vマイルドハイブリッドの組み合わせと、プラグインハイブリッドを導入するとアナウンスしていました。

 もしも、ドイツで発売される新型CX-80のパワートレインが、今売っているドイツ仕様のCX-60と同じであれば、日本でCX-80が発売されるときも、同様になるのではないでしょうか。

 つまり、日本で発売される新型CX-80は、日本で発売済みのCX-60と同じ、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドが用意されるというわけです。仕様によって、価格の幅が広くなるため、買いやすいはず。価格はCX-60よりも高く設定されるのでしょうから、340万円スタートになるのではないでしょうか。

 どちらにせよ、CX-8なき今、日本市場において、マツダには3列シート車が存在しません。一刻も早い日本への導入を期待しましょう。

【画像】超カッコイイ! マツダ新型「CX-80」を画像で見る(43枚)(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 80の写真、動画からの切り抜き2枚だけかよ。しかもわかりづらい。
    ロングノーズの分室内寸法小さくなってないんかな。

  2. ヨーロッパのCMがyoutubeのひでぽんちゃんねるで公開されてます。
    CX-60とほぼ同じ・・・

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー