斬新ドア採用の「ミニセンチュリー」!? トヨタの「小さな高級車」がユニーク! 全長4.5m以下の珠玉セダン「オリジン」に反響集まる

トヨタが2000年に1000台限定で発売した「オリジン」は、観音開きドアや手作業工程の外板や塗装、パワフルなエンジンなど、ユニークさが際立つ「小さな高級車」でした。SNSではどのような反響が集まっているのでしょうか。

ボディは職人による手作り

 トヨタが2000年に、1000台限定で販売した4ドアセダンがあります。自動車生産台数累計1億台を達成した記念モデル「オリジン」です。どのようなクルマで、SNSではどのような反響が寄せられているのでしょうか。

トヨタ「オリジン」
トヨタ「オリジン」

 オリジンのベースは「プログレ」ですが、デザインは1955年発売の初代「クラウン」がモチーフとされました。初代クラウンがトヨタのクルマ作りの原点であり、オリジン(Origin)の名前もここから来ています。

 フロントは、初代クラウンをイメージしたグリルに加え、丸いヘッドライトにメッキのバンパーを装着。

 リアドアも初代クラウンと同様に、後ろヒンジ式を採用し、いわゆる「観音開き」としました。

 リアの窓も、初代クラウンのようにピラー側に大きく湾曲した曲率の強いガラスを使用。リアフェンダーも初代クラウンのような峰が走り、テールランプも後期モデルの造形をトレースしていました。

 外板や塗装は手作業の工程もありましたが、これを可能としたのが、最上級セダン「センチュリー」の生産を担うトヨタの職人(クラフトマン)です。オリジンの手作業工程は、技能伝承も兼ねていました。

 内装は、ダッシュボードのデザインはプログレを踏襲しつつ、本革シートや本木目パネルなどが備えられ、外観に負けぬクラフトマンシップを感じることができました。

 パワートレインは、ノスタルジックな外観とは裏腹に、215psを発揮する3リッター直列6気筒エンジンを搭載しています。

 ボディサイズは、全長4560mm×全幅1745mm×全高1455mm、ホイールベースは2780mmです。

 SNSでは、このオリジンについて「1000台は少ない」「懐かしいなぁ。カタログは手に入れました」「濃紺も良いですが、薄いブルーが欲しい色でした」と、当時欲しかったとする声が複数ありました。

 また、「観音開きがおもしろそう」「程度の良い個体があるなら手に入れたい」と、現在も興味を抱く投稿も。

 さらに、「プログレでも充分ゴージャスだった」「樹木希林さんの愛車でしたね」など、オリジンにまつわる関するエピソードを振り返る人もいました。

 オリジンの700万円という価格は2000年当時としても国産車として高額でしたが、トヨタの高い技術力が詰まった「適度で乗りやすいサイズの、小さな高級車」として魅力あるれるクルマでした。

【画像】めちゃカッコイイ! 内装豪華すぎトヨタ”小さな高級車”「オリジン」を画像で見る(16枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. ほんと、トヨタはインパネが萎える。

  2. 小さなセルシオぐらいが妥当ちゃいます?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー