破天荒すぎ!? インパクト大な日産「ガルウィング軽リムジン」は豪華内装も「エルグラ」超え! 秘めた「狙い」とは

日産は軽スーパーハイトワゴン「ルークス」をベースに、リムジンのように豪華な室内を持つコンセプトカー「ROOX SUITE CONCEPT(ルークス スイート コンセプト)」を「東京オートサロン2023」に出展しました。その「狙い」について紹介します。

真の狙いは「小さな高級車」の可能性!?

 日産は軽スーパーハイトワゴン「ルークス」をベースにしたコンセプトカー「ROOX SUITE CONCEPT(ルークス スイート コンセプト)」を、2023年1月13日から15日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催したカスタムカーイベント「東京オートサロン2023」に出展しました。
 
 派手なガルウィングと、リムジンのように豪華な室内を組み合わせたインパクト大な軽自動車のコンセプトカーですが、どのような狙いがあるのでしょう。

これが軽の車内なの!? 日産のコンセプトカー「ルークス スイート コンセプト」の後席に備わった大型のリラックスシートは、シェル状の「軽量遮音材料(音響マテリアル)」で覆われています
これが軽の車内なの!? 日産のコンセプトカー「ルークス スイート コンセプト」の後席に備わった大型のリラックスシートは、シェル状の「軽量遮音材料(音響マテリアル)」で覆われています

 ルークス スイート コンセプトは、もともと広い軽スーパーハイトワゴンの室内空間をさらに拡大し、後席に大型のリラックスシートを備えたラグジュアリーなモデルで、後部にはトレーラーがけん引されています。

 後席のスライドドアは、ボディサイド全体が上部へ大胆に開くガルウィングドアへと変えられ、インパクト大!

 さらにトレーラー内部には電子ピアノが搭載され、車載のポータブルバッテリーにより屋外で演奏できるようになっています。

 かなり破天荒な仕立てのクルマに見えますが、日産の開発担当者は「ひとり娘の結婚に際し、新婦の両親が結婚式の会場へ向かうクルマを想定した」といい、その狙いは随分とピンポイントなところにあるようです。

 しかし、ガルウィングドアやトレーラーといったショーモデルらしい派手な装飾以外の部分で、ルークス スイート コンセプトの基本的な成り立ちを考えてみると、また違った見方もできます。

 広い室内を活用し、コンパクトながら贅沢な造りをもつ「小さな高級車」という狙い、つまり、日産の高級ミニバン「エルグランド」を軽サイズまで小型化したようなコンセプトです。

 そう考えると、じつは今までありそうでなかった新しい着想のクルマとして捉えることもできます。

 室内は、前右側に運転席、後ろ左側に後席の大型のリラックスシートを配置し、定員はわずか2名です。

 リラックスシートはオットマンが備わり、旅客機のビジネスクラスや新幹線の「グランクラス」などを思わせる大型サイズで、周りがシェル上に覆われています。

 これは「軽量遮音材料(音響マテリアル)」で、座席の静粛性をさらに高めるものです。

 その横には車載冷蔵庫やテーブルなどが備わり、リラックスした移動が楽しめる工夫が施されています。

 このほか「電子シェード」「ポータブルバッテリー」などの装備が搭載されていますが、これらは日産がすでに市販化したり、現在開発中の技術がもととなっており、現実味のあるものです。

 とはいえ、ルークス スイート コンセプトがそのまま市販化されることはないでしょう。

 しかしこうした取り組みをもとにしながら、今後小さな高級車を狙った新型軽自動車が登場する日がやって来るのは、意外と遠くないのかもしれません。

※ ※ ※

 日産の公式YouTubeでは、ルークス スイート コンセプトの使用方法について、ストーリー仕立てで動画を紹介していました。

 舞台はワイナリーでおこなわれる結婚式。

 娘を送り出す父母はルークス スイート コンセプトに乗り、高速道路を走行。父が運転し、母は手元のタブレット端末で思い出の写真を眺めながら、豪華な後席でゆったりくつろぎます。

 そして結婚式会場で、嫁ぐ娘に向けたサプライズとして、父が後部のドアを開け電子ピアノを演奏してみせる、といった流れでした。

 ピアノを載せて走るのはあまり現実的ではありませんが、例えば後部のトレーラーにベッドスペースを設置した車中泊用のキャンピングカーとしたり、荷台を設けた軽貨物車として活用するなど、さらなる発展性があるかもしれません。

 今回限りではなく、第2弾、第3弾のルークス コンセプトにも期待したいところです。

日産・ルークス のカタログ情報を見る

【画像】乗ったことないけど…「もはやファーストクラス」!? 軽リムジンの写真を見る(35枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー