先行公開のホンダN-VANベース「軽EVバン」100万円台で期待膨らむも「EVで車中泊は不安…」の声も? ユーザーの反響は

ホンダが先行公開した新型軽EVバンですが、ユーザーからはどういった反響があるのでしょうか。

「EVで車中泊」に不安? 新型軽EVバンにユーザーの反響は

 ホンダは、新型「軽商用車(EV/電気自動車)」を2022年12月7日に発表しました。発売は2024年春を予定しているといいます。
 
 では、ホンダ新型軽EVバンについて、ユーザーからはどんな意見が見られるのでしょうか。

ホンダが2024年春に発売する新型「軽商用バン(電気自動車仕様)」は「N-VAN」ベース! それなら車中泊も快適かも!
ホンダが2024年春に発売する新型「軽商用バン(電気自動車仕様)」は「N-VAN」ベース! それなら車中泊も快適かも!

 今回先行公開された新型軽EVバンは、EVならではの高い静粛性やストップ&ゴーの多い交通環境に適した、力強い加速を実現。

 EVの航続可能距離は200kmを目標とし、価格についてもガソリン車と同等の100万円台から設定する予定だといいます。

 ベース車両は2018年に登場したホンダ「N-VAN(エヌバン)で、フロア高を低くし後席と助手席が床下へフラットに収納できることで、広々とした荷室空間を実現。

 また、助手席側のセンターピラーをなくしたことで、テールゲートとあわせふたつの大開口部と動線で空間を自由に使いこなすことが可能にしています。

 アレンジ力の高さも大きな特徴であることから、レジャー仕様車や車中泊仕様車としても高い支持を集めています。

 このため、新型軽EVバンでも車中泊利用として期待できるといえます。

 またEVならではの特徴として、駆動用の大きなバッテリーを搭載している点が挙げられ、クルマ自体から電気が使えるようになればアウトドアやキャンプなどでの楽しみが広がり利便性が高まるといえるでしょう。

※ ※ ※

 そんな新型軽EVバンについて、ユーザーからはどんな反響が見られるのでしょうか。

「軽EVはどんどんやっていいと思う!」「充電設備のあるキャンプ場へこういうクルマでいけば、おしゃれキャンプができると思う」「充電設備あるとエンジン音が排気ガス出さないのでクリーンなキャンプができる」「レジャーの普段使いや万が一の災害時にも活躍しそう」など、軽EVバンに肯定的な意見が。

 今回の新型軽EVバンをきっかけに、充電設備の普及拡大が促進されることへの期待や、軽EVを利用した静かでクリーンなアウトドアに期待を寄せる声がありました。

 一方で、「キャンプに使うクルマでEVは不安」「夜中にヒーター使えないし充電設備がないと厳しいかな」「EVで車中泊は不安だな」の声も。

 やはり重要視されるのは充電の問題で、EVで車中泊をおこなう際はとくに気になる点といえます。

 ホンダ新型軽EVバンの投入は来年2024年の春以降の予定としており、今後の動きが注視されます。

【画像】新型軽EVバンのベース車、「N-VAN」ベースの車中泊仕様がスゴイ! レトロ調な「豪華内装」を画像で見る(21枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー