「オイルの状態見ましょうか?」 ガソリンスタンドでの愛車チェックの声掛け 断るとどうなる?

ガソリンスタンドで、エンジンオイルやタイヤの空気圧のチェックを勧められることがあります。これには一体どのような意味があるのでしょうか。

クルマの日常点検を怠るとヤバイ!

 ガソリンスタンドで「オイルの状態チェックしましょうか?」「空気圧見ましょうか?」と声をかけられたことがある人も多いのではないでしょうか。
 
 営業目的と思うかもしれませんが、これらは安全に公道を走行するうえでとても大切な日常点検だったりするのです。

GSスタッフの声掛けは営業目的だけじゃない!?
GSスタッフの声掛けは営業目的だけじゃない!?

 では、オイル交換やタイヤの空気圧のチェックを怠るとどうなるのでしょうか。

 エンジンオイルはさまざまな役割を担っていますが、オイル交換を怠るとエンジンの性能が落ち、トラブルの原因や燃費性能の悪化に繋がります。

 その理由として、エンジンオイルのもっとも大きな役割のひとつ、エンジン内部を洗浄する作用を持っているからです。

 エンジンオイルはエンジン内部のあらゆる部分を巡っており、その流れのなかで内部の汚れを吸着させているのです。そのため、エンジンを使用すればするほどエンジンオイルは汚れてしまいます。

 汚れたエンジンオイルをそのまま使用すると、燃料やオイルの燃えカスである「スラッジ」が発生。エンジンの可動部に付着して抵抗となり、性能の低下や燃費性能の悪化を引き起こすのです。

 オイル交換をしない状態で走り続けると可動部の固着や焼き付きを起こし、最悪の場合エンジンが壊れてしまいます。

 燃費性能も含めてエンジンの性能を維持していく、そしてエンジンを守っていくためには定期的なエンジンオイル交換は必要といえます。車種や走行条件によって異なりますが、半年もしくは5000km走行で1回オイル交換をするのが望ましいです。

 ではタイヤの空気圧チェックを怠るとどうなるのでしょうか。

 こちらもおろそかにすると燃費性能が落ちたり、タイヤの面の片側だけが減る偏摩耗を起こしたりしてタイヤの寿命を短くするほか、極端に空気圧が低い場合は高速走行時にバースト(破裂)する危険性もあります。

 また、タイヤの空気圧をこまめにチェックすることで、溝や異物が刺さっていないかなどタイヤの状態も見ることができます。適正な空気圧に保つことで燃費の悪化を防ぐことができ、タイヤの持ちも良くなるなど、経済的な面を考えても定期的な空気圧チェックは大切なのです。

 ちなみにタイヤを定期的にチェックするうえで確認しておきたいのが、タイヤの製造年月です。溝が残っていてもタイヤが古くなるとゴムが硬くなり、グリップ力が落ちて危険です。4年以上経過していたら交換を検討するべきでしょう。

※ ※ ※

 確かにガソリンスタンドでの声掛けは「タイヤやオイルをウチで交換してくれたら嬉しいな」という営業目的もありますが、オイルやタイヤは安全性に関わる重要な消耗品です。

 ガソリンスタンドでの声掛けは営業目的だけでなく、本当にドライバーの安全を思っての声掛けもあります。

 とくにタイヤは見慣れた人ならば、空気圧が少なかったり、溝が少なかったりと危険な状態が直ぐに分かるので、そのような心配から声をかけるということもあるでしょう。

 実際に交換するかしないかは別として、普段自身のクルマの状態をよく把握していなかったり、長距離走行前などでどこを確認すればいいかわからないという人は、まずは声掛けに従ってチェックしてもらうことが安心・安全につながるのではないでしょうか。

【画像】意外な構造! 給油口やエンジン内部ってどうなってる? 写真で見る(17枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

23件のコメント

  1. 交換した翌日に『汚れているので交換をオススメします』って言われたわ!

    • 私も言われたことある。
      次回交換目安のシール見せて「これでも交換奨めますか?」って聞いたら絶句してたw

  2. GSは限りなく詐欺に近い誇大表現で営業を仕掛けてこられてからまったく信用していないし近づいてきたら追い払うようになった。
    どうせ一見客だし小銭を巻き上げてやろうって魂胆だったんだろうけど商売は信用第一だって学んでくれ。

  3. とりあえず、おばちゃん相手にこんなに黒いですよ!って声掛けろってバイトにハッパ掛けてた!時間がないとか言ったら5分で済みますって言っときゃいい。ピット入れたらこっちのもんだって店長。

    ちなみに、洗車機の洗剤は最初に入れたら後は延々水を足すだけ。500円だしええだろとも店長。

    …そこの社長の息子は某レーシングドライバー(今でも活躍しとるんかな知らんけど)

  4. いまだに5000キロ交換が望ましいとか書いてるインチキ記事。
    バッテリーもオイルもタイヤもスタンドの言ってることを信じてはイケナイ

    • 二流化モリブデンを入れている時は真っ黒ですよととても元気よく言ってくれたわ

    • スタンドの言ってる事はパンクしてますよ位しか信じてはいけません

  5. 自分でメンテナンスする人には、オイルチェックだの空気圧だの邪魔でしかない。この記事書いた人、もっと裏事情書くべきじゃないのか。
    あと、まったく特にならないクレジットの勧誘ね。これも邪魔でしかない

  6. ディーラーも同じようなもんだよ
    知り合いのC-HRの普通のタイヤ交換だけで15万も取られそうになってた
    女性だからとぼったくりするからね

  7. タイトルは「断ると」と謳っているのに本文では「怠ると」になっているのはどうして?

    大昔に買って直ぐの50kmも走っていない新車のバイクに「オイル交換どうですか?」ってバイトの小僧に言われて「50キロも走ってない新車だよ」って断ったらプイッとぶんむくれてどっか行っちゃったな。
    だから答えは「店員の態度が悪くなる」w

  8. ウソコケ

  9. この記事は、駄目でしょうw
    GSまで、車を押して行くなら別ですがw
    走行直後なので、エンジン内のオイルは、オイルパンに全部戻りきってませんから、『オイルの量が少ない』と言われ、『補充よりも、汚れてるので、交換しませんか?』となるのは当たり前ですよw(悪徳GSの営業促進ですか?)
    ポルシェは、ドライサンプだから、充分に暖まった状態かつ、アイドリング中にオイルレベルを見るけどねw

  10. スタンドでATF交換を勧められた方が、車に詳しく無く交換してた。
    その車種はCVTなのでCVTオイルを入れなければならない。
    レシートもATFになってた。
    しばらくして、当然ミッションは異音が発生しはじめ、スタンドにクレームを入れCVTオイルに戻したらしいが、すでに遅く異音は止まらす、車両を結局乗り換えてた。
    スタンドには、壊されたのに保証してもらえ無かったらしい。
    スタンドなどでの作業は気をつけたほうが良い。
    CVTオイルは入れたあと少し走行してから量を確認しないといけない。戻した時に、そんな事はしなかったとも言ってた。

  11. オイル交換やパンク修理はドル箱です
    油外収益を上げなければ定時になっても帰れません
    ちなみに上がっても給料には反映されません

  12. 大事な事なのでもう一度書き込みます
    スタンドの声掛けは営業目的です 燃料油では利益が取れないので油外収益で赤字を減らしたいのが真実です
    ガソリン1㍑売って幾ら利益があるかみなさんご存知ですか?

    • GSでオイル交換してもらった数日後にオイル切れでエンジン焼き付かせてしまった
      因果関係証明できなくて泣き寝入りしたけど、それ以来GSの整備は信用してない

  13. 以前、殆ど行ってないGSに行った時に若い従業員の方にブレーキオイルに水が混じってますよ交換しておきましょうかと言われたけど断りました

  14. 以前妻が高速道路のスタンドで点検をされて、クーラントがなくなってるから家まで帰れませんよ。
    と脅されて電話してきたけど、とりあえず帰っておいでって帰らせて、見てみたら全く減ってすらおらず、車屋に持って行っても何も問題ありませんでした。
    女性が点検を受けるのは気をつけていた方がいい。

  15. スタンドから貰った記事か?
    バイトのにーちゃんで判断つくかよ…(笑)
    量はゲージでみられるが、汚れ・劣化なんて簡単には判断できんよ。

  16. ガソリンスタンドの提灯記事!!。今時5000kmごとにオイル交換なんて無駄以外の何物でもないのに。
    メーカーの指定インターバル(15000kmごととか、12カ月に一度とか)で全く問題ないのになんだこの記事は!!

  17. SSは、どうしても売らんかなの声掛けになってしまうが、より酷いのは、カーディーラーの整備。カーディーラーに任せとけば大丈夫と信じてる人が多いが、カーメーカーは、オイルなんて作ってません。一度車検の時、純正油と称するものは、石油元売に委託して作ってもらっているもの。価格の割に性能は低い。一度車検の時、整備長と称する人に、一週間前に交換したオイルの交換を勧められた。自分で、見たのか確認したら、部下が見ただけで、自分では確認してないとさ。カーディーラーなんて、そんなもんだよ。特に、女性がひとりで車検なんかに行くと、やられ放題だよ。気をつけて。最近、元売り系では、車検の内容を統一して、透明感を出すようになっているところも在る。安値交換のシォップも、良くオイルのことを知ったいる人なら、利用しても良いが、素人はやめといた方が良い。

    • 何処やねん、トヨタかw

  18. 最初は4kで換えて、あんまり乗らんから換えてないな。メンテナンスパックだけで十分。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー