ついに「アルファードトラック」初公開! サバンナGT&ブルーバード復活!? さらに86GTカーなどNATS学生渾身のカスタムカーがTAS2023でお披露目へ

東京オートサロン2023が2023年1月13日から15日まで千葉県・幕張メッセで開催されますが、そのなかで日本自動車大学校(通称NATS)のカスタマイズ科では、毎回学生たちが作り上げるカスタムカーが話題となっています。2023年にどのようなモデルが展示されるのでしょうか。

反響が楽しみ! NATS学生渾身のカスタムカーを初公開へ

 2023年1月13日から15日まで千葉県・幕張メッセで開催される東京オートサロン2023。
 
 そのなかで、毎年来場者の度肝を抜くカスタムカーを出展する日本自動車大学校は、2023年にどのようなモデルが展示されるのでしょうか。

ついにNATS学生渾身の力作が世界初公開! さら東京オートサロン2023に行こう!
ついにNATS学生渾身の力作が世界初公開! さら東京オートサロン2023に行こう!

 毎年さまざまなカスタムカーやチューニングカーが展示される「東京オートサロン」のなかでも、千葉県にある日本自動車大学校(通称NATS)のカスタマイズ科では、毎回学生たちが作り上げるカスタムカーが話題となっています。

 過去には、マツダ「ロードスター」をベースに「コスモスポーツ」を現代に蘇らせた「COSMO VISION」や、日産「フェアレディZ ロードスター(Z33型)」をベースに「GT-R(R35型)」の見た目に仕上げた「NATS R35 Road Star」。

 さらにはアメリカンなローライダー仕様に仕立てたトヨタの3代目「クラウン(MS50型)」、レクサス「LM300h」のデザインに見立てた「LM800T」などさまざまなカスタムカーが製作されてきました。

 そうしたなかで、東京オートサロン2023に向けていくつかのカスタムカーがお披露目されます。

 ●「アルファードスーパーデューリートラック」

 トヨタ「アルファード」をベースにスーパーデューリートラックを製作するといい、その名も「アルファードスーパーデューリートラック」と名付けられました。

 デューリートラックとは、後輪片側2輪の計4輪化された仕様のピックアップトラックを差しており、北米などで見かけるカスタムです。

  製作を担当する学生は「トラッキン(スポーティトラックカスタム)やアメ車に興味のあるメンバーが集まりデューリートラックを製作する案が出ました。ベース車両を選ぶ際に、日本で馴染みのある車両をもとにすることで、その意外性で注目を集めたくてトヨタ『アルファード』に決定し、世界に1台のカスタムカーになること間違いないと思います」と語っています。

 ●「MAZDA RX3 CABRIOLET」

 マツダ「ロードスター(ND型)」をベースにした「MAZDA RX3 CABRIOLET」は、かつてマツダが販売していた「サバンナGT(輸入名:RX-3)」をオマージュしたような丸目4灯かつメッシュグリルが特徴的なデザインです。

 完成予想図では、RX-3(クーペ/後期型)を思わせるヘッドライトやグリルに加えて、黄色いボディカラーにグリーンのラインがアクセントとなっているほか、ロードスター譲りのオープンカースタイルとなります。

 制作背景について担当する学生は「旧車人気が高まり中古車も高騰している今。旧車は欲しいがとにかく敷居が高い。ただでさえ購入価格が高いうえ維持費、メンテナンスにかかる費用を考えたら格差社会の現代において一般市民の旧車所有なんて夢のまた夢。現代のクルマのメンテナンス性や維持費でルックスは旧車という理想形のモデルケースとしてチャレンジしていました」と語っています。

 ●「TOYOTA86 GT STANCE」

 トヨタ「86」をベースにトヨタ「GR GT3 Concept」風のカスタムカーです。

 NATSが公開する完成予想図では、見た目はGR GT3 Conceptを意識したヘッドライトデザインに加えて、フロント・サイド用のエアロパーツや大径アルミホイールが装着されることが分かります。

 制作する背景について担当する学生は「そもそもGTマシンは公動走行不可能ですが、保安基準に適合させたGTマシンで公道走行したくて製作に至りました。東京オートサロン2022でTOYOTA GAZOO Racingに展示してあったGT3というコンセプトカーの公道走行可能版です。シルエットもGT3をオマージュしつつオリジナルも入れつつ製作しております」と話しています。

 ●「ダットサン ブルーバード」

 これまでのモデルはベース車をもとにカスタマイズしたものでしたが、このブルーバードはレストア車両となります。

 1963年9月に登場した2代目ダットサンブルーバード(410型)。1965年5月のマイナーチェンジで411型へ進化しグリルやリアデザインが変更されていますが、レストアの対象となるのが「P411型」です。

 製作を担当した学生は「昨今の旧車ブームもさることながら、レストアの需要は高まっています。そこで411ブルーバードのルックスにエアサスセットアップで着地を目指します。苦労する部分は、現代のクルマではないので形状の意味や、初めまして見る機構や部品の構造を確認しながらの作業で時間がかかっています」と話しています。

※ ※ ※

 これらのモデルは、NATSの公式YouTubeなどでも製作工程が公開されており、日々着々と完成に近づく様子は圧巻です。

 そうしたなかで、完成版のお披露目は東京オートサロン2023のNATSブースでおこなわれます。

【画像】ついに世界初公開!? これがアルファードトラック! サバンナGT&ブルーバードなどを見る!(17枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント