“新車”購入方法多すぎ!? 「現金」「ローン」「残クレ」「サブスク」どれがいい? それぞれの“メリット・デメリット”とは

クルマは高価な買い物なので、現金一括払いだけでなくローンなどさまざまな支払い方法が存在します。近年では「サブスク」などのサービスも登場していますが、それぞれの購入方法にはどのようなメリット・デメリットが存在するのでしょうか。

「現金」「ローン」「残クレ」「サブスク」…何を選んだらいい?

 自動車ディーラーで新車を買うとき、支払い方法をどうするか迷ったことはありませんか。
 
 クルマは高価な買い物なので、現金一括で購入するためにはある程度まとまったお金が必要です。そのため、分割払いが可能なオートローンなどでの購入を検討する人も多くいるのではないでしょうか。

【画像】あなたはどんな方法で買う? 発売したばかりの新型車たちを画像で見る(103枚)

クルマの購入方法には、近年ではさまざまな購入方法があるが何を選んだら良いのだろうか(画像はイメージ)
クルマの購入方法には、近年ではさまざまな購入方法があるが何を選んだら良いのだろうか(画像はイメージ)

 しかし、借金を背負いながら常に維持費のかかるクルマを所有することに不安を覚えるという声もあります。

 そこで、通常のローンよりも月々の負担額を低く設定した「残価設定クレジット」や、車両代にメンテナンス費用や保険料を含めた定額を月々支払う「個人向けカーリース」、「サブスク」などといったサービスも登場し、クルマの購入方法も拡大しつつあります。

 これらの買い方には、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

「現金一括払い」は、その後の維持費に注意!

 もっともシンプルな買い方は、現金一括払いです。この購入方法のメリットは、後述するローンやサブスクで発生する金利や手数料を負担する必要がないということです。

 今現在、十分な資金の用意があり、余計な出費を避けたい人や、借金を背負うことに抵抗のある人は、現金一括払いを選択することが多いでしょう。

 しかしながら、いうまでもなく、これにはある程度まとまったお金が必要です。クルマは購入後も、メンテナンス費用や税金、保険料、駐車場代などのランニングコストが常に発生するものです。

 一度の大きな出費により、購入後の維持費が家計を圧迫したり、生活の変化による急な出費に対応できなかったりする可能性があることは、現金一括払いのリスクとしてあげられます。

 現金一括でクルマを購入する場合には、車両本体の代金だけでなく、購入後の維持費などを考えてある程度の金額を手元に用意しておくことが大切です。

「自動車ローン」にはいくつかの種類がある!

 維持費をきちんと確保しながら余裕をもったカーライフを送るために、オートローン(自動車ローン)を選択するメリットは十分にあります。オートローンを取扱っているのは、主に銀行・信販会社・自動車ディーラーです。

 自動車ディーラーで車を購入するときに、ローンでの支払いを勧められるケースが多くあります。この場合、自動車会社系列のローン会社または「ジャックス」や、「オリエントコーポレーション」、「セディナ」など信販会社系のローンを紹介されます。

 この信販会社系のローンのメリットは、審査の申込から結果が出るまでのスピードが早いことです。収入を証明する書類等の提出が不要であることも多く、銀行のローンと比較すると審査が通りやすい傾向にあります。自動車ディーラーがローン契約の窓口になっていることも多いため、手続きが一度で済むのも便利です。

 一方、銀行のローンに比べ金利が高いため、借入額や借入期間が長くなると、それだけ金利がふくらみ、結果としてトータルコストが高くなるというデメリットがあります。

また、ローンの返済が終わるまでは、クルマの所有権は車検証上自動車ディーラーや信販会社にあります(所有権留保)。そのため、ローンの完済前にそのクルマを売却することはできません。

 銀行では「マイカーローン」や「多目的ローン」という名称で、クルマを購入する際に利用できるローンを用意しているところがあります。銀行のローンは、信販会社や自動車ディーラーの扱うローンと比較して金利が安いことが最大のメリットです。借入額が大きい人や借入期間が長い人ほど、銀行ローンを利用するのがお得といえます。

 また銀行のローンでは、信販会社系のローンと違い、所有権は留保されません(購入する車を担保にするわけではないため)。そのため、ローンの返済中にクルマを売却することも問題ありません。

 そのかわり無担保で融資をおこなうわけですから、その審査は信販会社系より厳しいものとなります。自分の収入を証明できる資料や購入金額が分かる見積書など、決められた資料の提出を求められることが多いようです。審査に要する時間もおおむね1週間から2週間程度見込んでおいた方がよいでしょう。

 オートローンで借入できる金額は、その方の年収や勤務形態、他のローンの借入状態などによって審査されるため、人によって異なりますが、借入の上限額は各社で決められています。また、借入期間も最長何年まで可能か、各社で違いがあります。どこの会社も仮審査フォームを設けていますので、月々無理なく返済できる金額でローンが組めるかどうか、シミュレーションしてみるとよいでしょう。

【画像】あなたはどんな方法で買う? 発売したばかりの新型車たちを画像で見る(103枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

日産の新型軽EV「サクラ」
1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント