「ワゴン復活最高!」トヨタ新型「クラウン エステート」は車中泊もイケる? ワゴンSUVで登場か!?

トヨタが16代目となる新型「クラウン」を発表しました。新型クラウンは4モデルがラインナップされますが、なかでも「クラウン エステート」が話題となっています。

新型「クラウン エステート」はワゴン? SUV?

 トヨタが2022年7月15日に世界初公開した新型「クラウン」(16代目)は、伝統の「セダン」に加え、「クロスオーバー」「スポーツ」「エステート」という4つのスタイルを持った新たなフラッグシップとして登場します。

 クロスオーバーは2022年秋、セダン、スポーツ、エステートは2023年に発売される予定です。

2023年に発売予定のトヨタ新型「クラウン エステート」
2023年に発売予定のトヨタ新型「クラウン エステート」

 そのなかでも注目されるのは、16年ぶりに復活するエステートです。

 2007年の生産終了から久しぶりにエステートの名称が復活することになりますが、クラウンに関するアンケートを実施したなかで、エステートはどのように評価されたのでしょうか。

 回答者のコメントでは、「クラウンのワゴンで個人的にも気になっている」「日本では衰退しているステーションワゴンの復活なので」「ワゴン復活最高!」といったコメントが寄せられています。

 新型クラウン エステートについて報道発表会では、「機能的なSUVとして、大人の雰囲気で、余裕のある走り、アクティブライフを楽しんで頂けるモデルです。後席はフルフラットデッキにもなり、まさしくワゴンとSUVのクロスオーバーともいえるでしょう」と紹介。

 11代目クラウンに設定されたエステートはステーションワゴンの王道スタイルでしたが、新型クラウン エステートは、現代風にアレンジを加えたSUVスタイルのステーションワゴンになるようです。

 新型クラウン エステートのボディサイズは、全長4930mm×全幅1880mm×全高1620mm、ホイールベース2850mmと、トヨタの本格四駆「ランドクルーザー」(全長4985mm)に迫るほど、全長は余裕を持っていることがわかります。

 新型クラウン エステートのデザインについて、「流行りのSUVっぽい」「デザインがカッコ良い」「すっきりしていてきれい」といった意見がありました。

 フロントの細いシャープなデザインのヘッドライトは、「スポーツ」との共通点が見られるほか、リアを左右に貫く一文字のテールランプは、「セダン」「クロスオーバー」にも採用される意匠を取り入れ、先進的な雰囲気を演出しています。

 また、前述のように、新型クラウン エステートは後席がフルフラットになるということから、たくさんの荷物を載せたり、流行りの「車中泊」をしたりすることも可能になると予想されます。

 この使い勝手について、「オールマイティに使えそう」「荷物が載りそう」と期待を寄せる回答者もいました。

※ ※ ※

 新型クラウンの4モデルのうち、エステート、クロスオーバー、スポーツの3モデルがSUVスタイルを取り入れています。

 そんななかエステートは、走行性能と機能性、使い勝手を兼ね備えた万能モデルという立ち位置で登場することになりそうです。

トヨタ・クラウンエステート のカタログ情報を見る

【画像】「クラウン エステート」がイマドキSUVスタイルのワゴンになって復活!(22枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. クロスオーバーがある時点で全長以外のサイズ拡大と無塗装バンパーは不要
    ただのアルファードが駐車できる駐車場にすら入らない背高ヒンジドアミニバンじゃねーか
    エステート名乗るなら前半分セダンそのまんまで車内とトランク繋いだ正統派になってから出直せ

  2. 新型クラウンはFFになろうがSUVになろうが横幅が1800mmオーバーになろうが横幅が1850mmを超えることは起こらないだろうと思ってた

    なぜならそれは「もはやクラウンの名に相応しくないクラウンではない赤の他人」だから