パッと見「ランボルギーニ」なトヨタのスポーツSUV誕生!? 新型「クラウン スポーツ」がめちゃカッコいい!

トヨタが16代目となる新型「クラウン」を発表しました。新型クラウンは4モデルがラインナップされますが、なかでも「クラウン スポーツ」が注目を集めています。

アグレッシブなデザインがイイ!

 トヨタの主力モデルとして長年親しまれてきた「クラウン」。2022年7月15日に新型となる16代目が世界初公開され、セダンのほかにSUVもラインナップするなど、革新的なモデルに生まれ変わります。

新型クラウンにラインナップされる「クラウン スポーツ」
新型クラウンにラインナップされる「クラウン スポーツ」

 セダンとSUVを融合させた新しいスタイルの「クロスオーバー」、エモーショナルな雰囲気を持ち、運転しやすいパッケージとともにスポーティな走りを楽しめる「スポーツ」、新たなフォーマル表現とともにショーファーニーズにも応える「セダン」、大人の雰囲気で余裕のある走りを持つ機能的なSUV「エステート」といった4つのモデルが設定されます。

 なかでも、クラウン スポーツが注目を集めていますが、クラウンに関するアンケートを実施したなかで、このモデルはどのように評価されたのでしょうか。

 回答者のコメントでは、「スポーツSUVという感じでかっこいい」「これなら乗っても良いかもしれない」「全体のバランスがいい」「アグレッシブなデザインがとても自分好み」と寄せられており、その名の通りスポーティさが好評のようです。

 とくに「目がカッコいい」「斬新な細目ライトがもっとも強調されている」など、鋭く光るシャープなヘッドライトが印象的です。

 また、「ランボルギーニ『ウルス』っぽい!」「ウルスのような攻めたデザインを、国産で、しかもクラウンという伝統的な名前で出すところがスゴイ」と、イタリアのスーパーカーメーカーであるランボルギーニ初のSUVとしてラインナップされる「ウルス」のようなカッコ良いスタイルが話題となっています。

 新型クラウン スポーツのボディサイズは、全長4710mm×全幅1880mm×全高1560mm(開発目標値)とされており、トヨタの高級SUV「ハリアー」の全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mmと全長・全幅は同等ですが、全高は100mm低く設定。

 低重心で踏ん張り感のあるロー&ワイドスタンスで、走りの質も高めていることが予想されます。

 また、この新型クラウン スポーツはBEVモデルも登場する可能性がありそうです。

 というのも、2021年12月にトヨタはバッテリーEV(BEV)戦略に関する説明会を開催し、多数のBEVを公開したのですが、そのときに初披露された「CROSSOVER EV(クロスオーバーEV)」というモデルが新型クラウン スポーツにソックリだったのです。

 クロスオーバーEVは真っ赤なボディに身を包み、スポーティかつエレガントな流線形のスタイルを採用。シャープで個性的な形状のヘッドライトに、メッシュタイプのロアグリルを装着。

 クロスオーバーEVのフロントエンブレムは「王冠」ではなくトヨタマークですが、いま思えばこれが新型クラウン スポーツのデビューだったというわけです。

 新型クラウン スポーツは2023年発売予定とされており、詳細はこれから明らかにされるものと思われますが、BEVのSUVとして登場するであろう新生クラウンから目が離せません。

トヨタ・クラウン のカタログ情報を見る

【画像】スーパースポーツSUVかよ!? 攻撃的なデザインの新型「クラウン スポーツ」爆誕!(28枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

名無しさん へ返信する コメントをキャンセル

5件のコメント

  1. クラウンスポーツは、車高を、もっと低くして欲しい☆

  2. クロスオーバーがあるのにSUVっていらなくね?

  3. ランボルギーニというより、シャァだな。
    特徴的なのが前後だけなのも中途半端。
    イメチェンで従来とは違う層に売りたい廉価モデルな印象。

  4. 「スポーツ」の概念が変わってるつか、買えない層が憧れで語ってるだけだよな。
    ウルス買う人って、セカンドカー以下で買うんですよ。それにオマージュとかね、やっぱり日本は貧乏化してんだよな。

  5. こんなくそダサクラウンコに乗りたい奴なんているのか?まぁいたら頭残念な奴だろな