価格高騰の「中古車」お得に購入する方法は? 意外な裏技もある!? 中古車選びのポイント

半導体不足で新車の納期遅延が続き、すぐに納車できる中古車の人気が高まっています。しかし中古車相場は高値傾向が続いており、値下がりしにくくなっているようです。お得に中古車を買う方法はあるのでしょうか。

中古車ではガソリンエンジンが主流

 半導体不足などが原因で新車の納期遅延が続いている昨今、現車があるため納期が早くすぐに乗れる中古車の人気が高まっています。

 需要が高まれば相場は高値になるもので、中古車の卸値自体が高い状態が続いており、この傾向はしばらく続きそうです。

すぐ手に入る中古車が高騰中
すぐ手に入る中古車が高騰中

 とはいえ、少しでも安く中古車を購入したいと思うのは当然のこと。価格以上の満足感が得られる車種の選び方や購入時期など、できる限り程度の良い中古車を安く購入するためにはどうしたら良いのでしょうか。

 中古車といっても価格はピンキリ。まずはどんな目的や用途で、どんなジャンルのクルマ、またはどれくらいの予算で購入したいのかをあらかじめ決めておくと、候補車を絞り込みやすいといえます。

 現在の市場に出回っている中古車はどんな傾向があるか、国産高級車から手頃な輸入車まで幅広く手掛ける埼玉県の中古車販売店オーナー A氏に話を聞いてみました。

「新車では最近ハイブリッド車が主流で、中古車でも特に高年式のハイブリッド車については最近とくに動きが早いようです。そんなこともあって、中古車市場は依然としてガソリンエンジンがメインで流通しています。

 もちろん国産ハイブリッドでも3代目「プリウス」や初代「アクア」など初期に普及したモデルが中古車として流通しているものの、全体としてはハイブリッドやBEV(電気自動車)が中古車で主流になるまであと数年かかると思われます」(中古車店オーナー A氏)

 新車市場では小排気量ターボやハイブリッドが主流ですが、中古車市場では燃費性能より余裕のパワーを優先させたひと世代前のエンジンがメインとなっています。

 これは市場に出回るタイムラグ(車検終了時の3・5・7年後など)が関係するのは致しかたないところ。つまりハイパワーな中古車が多い以上、どうしても燃料費を含む維持費は高くなってしまう傾向があります。

 では、実際にどんな車種やジャンルがお買い得になっているのでしょうか。いま流行りのSUVなどは狙い目なのでしょうか。

「人気のSUVを中古車で安く入手したい人は大勢いると思います。そんなSUV狙いの人におすすめしたいのが、小排気量ターボやハイブリッドモデルが登場する直前に人気だった『大排気量エンジン』搭載モデルです。

 自動車税は高くなりますし、燃費も決して良いとはいえませんが、そういった事情で敬遠されがちなため、中古車価格を安めに設定しているお店が多いんです。

 狙い目は、2000年代から2010年代あたりのSUVで、当時多かった3.5リッターV6といったエンジンを搭載するモデルです」(中古車店オーナー A氏)

 当時の大排気量エンジン搭載モデルは、たいていが上級グレード。先進安全装備や最新の運転支援技術は搭載されていませんが、サンルーフなど後から欲しくてもつけられない装備が標準でフル搭載されている車両も多く、装備に関しての不満はほとんどないそうです。

※ ※ ※

 不人気車を狙うと安く購入できるという話を聞きますが、実際はどうなのでしょうか。

「中古車を安く購入する方法といわれている『不人気車狙い』ですが、あまり良い手法とはいい切れません。

 不人気は需要が低いため、いざ手放そうとするときに査定額がびっくりするほど安くなってしまうんです。

 それならばある程度は知名度と人気のあるモデルを選び、数年後の売却でもそれなりに査定されて、次のクルマを購入するときの足しにできるほうが良いと思います」(中古車店オーナー A氏)

【画像】ハイブリッドの中古車なら3代目プリウスや初代アクアが狙い目!?(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント