レクサスが高級「新型SUV」発売! 新型「UX」4年目の改良でどう進化? 2種の特別車も設定

レクサスが2022年7月7日に発売した改良モデルの新型「UX」はどのような進化を遂げているのでしょうか。

装備の強化だけでなく「走りの味の深化」も実現

 レクサスは、2022年7月7日に新型「UX」(UX250h/UX200)を発売しました。あわせて2タイプの特別仕様車も設定しています。今回の改良でどのような点が進化したのでしょうか。

レクサス新型「UX」
レクサス新型「UX」

 新型UXは、予防安全技術の機能拡充や先進装備の進化、走りの味の深化などが大きな変更点となります。

 予防安全技術の面では、「プリクラッシュセーフティ」の対応領域拡大や、AI技術の活用による「レーントレーシングアシスト(LTA)」の支援範囲拡大、全車速追従機能付「レーダークルーズコントロール」へのカーブ速度抑制機能追加、ドライバー異常時対応システムの追加などが挙げられます。

 先進装備としては、デジタルキーの装備やパノラミックモニターの床下透過表示機能追加、大型化/高解像度化した12.3インチタッチディスプレイを全車標準装備とするなど、各種機能が進化。

 あらかじめ設定されたウェイクワード(例:ヘイ、レクサス! など)を発話することで音声認識機能の起動を可能とするなど、マルチメディアシステムやコネクティッドサービスの機能もより充実しています。

 走りの味の深化では、ボディのスポット溶接打点を20点追加することでボディ剛性を強化。Toyota Technical Center Shimoyamaで走り込み、EPSやアブソーバーなどのチューニングを実施したことで、上質さとダイレクト感、レスポンスの更なる向上を実現しました。

 静粛性向上を狙い、18インチランフラットタイヤを新規開発したほか、F SPORTにはパフォーマンスダンパーとAVSを標準設定します。

 前述のとおり、今回特別仕様車「F SPORT Emotional Explorer」「Graceful Explorer」を新設定。

「F SPORT Emotional Explorer」ではブラックルーフの2トーンカラーと内装のフレアレッドの差し色により、アグレッシブかつスポーティな印象を表現。

「Graceful Explorer」では外装にシルバーのアクセントを追加するなどしたほか、内装は専用カラーのモーヴを採用したことで、エレガントで洗練されたスタイルに仕上がっています。

 またそれぞれ、先進装備や予防安全装備などが強化されています。

 マイナーチェンジした新型UXの価格(消費税込)は400万3000円から。特別仕様車「F SPORT Emotional Explorer」は491万2000円から、「Graceful Explorer」は453万2000円からに設定されます。

 2018年の登場から4年が経過したUXですが、今回の改良でさらに高級コンパクトSUVとしてさらに魅力を増したといえるでしょう。

 それではここでクイズです。

 今回、マイナーチェンジでデジタルキーが搭載された新型UXですが、じつは2021年秋に早くもデジタルキーを搭載したレクサスの新型SUVが登場していました。

 そのモデルとは、いったいどれでしょうか。

【1】LC

【2】RC

【3】NX

【4】LX

※ ※ ※

 正解は【3】の「NX」です。

 NXは2021年10月に2代目へフルモデルチェンジしましたが、このときデジタルキーを搭載。2022年マイナーチェンジモデルの新型UXでも対応していない、スマートエントリー操作(ドアハンドルのタッチ操作によるロック/アンロック)にも対応しています。

レクサス・UX のカタログ情報を見る

【画像】レクサス新型「UX」4年目の進化を遂げた姿とは!? 実車を画像で見る(68枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント