「ゴツ軽トラ」感ある!? レトロな新型「エックスバス」量産化フェーズに突入! キャンプ仕様にも注目

ドイツの「エレクトリック・ブランズ」社は、新型EV「エックスバス(XBUS)」を2022年中に現地で納車開始するとアナウンスしています。個性的なデザインも特徴的ですが、どのようなEVなのでしょうか。

用途を選べる各「モジュール」を設定

 ドイツのEVメーカー「エレクトリック・ブランズ」社は、2022年4月20日(現地時間)に公式SNSを更新、プロトタイプモデルを発表していた新型EV「エックスバス(XBUS)」が量産化フェーズに入ったと発表しました。

独「エレクトリック・ブランズ」社の「エックスバス(XBUS)」
独「エレクトリック・ブランズ」社の「エックスバス(XBUS)」

 エックスバスはボディサイズが全長3945mm×全幅1633mm×全高1963mm(プロトタイプ、標準仕様)。フロント部にボンネットは無く、日本の軽商用車にも通ずるデザインが採用されています。

 エレクトリック・ブランズ社は、市販モデルのエックスバスに搭載される駆動用バッテリーとして、バッテリー容量15kWhのものが内蔵されるほか、交換可能な追加バッテリーとして15kWhのものを2個搭載するとしています。

 一充電航続可能距離は、容量15kWhあたり200kmを確保。そのため、追加バッテリーを2個搭載した状態でエックスバスは最大600kmが走行可能だということです。

 また、エックスバスは軽トラックでいう荷台部分に配される「モジュール」を選択することで、ユーザーのさまざまな用途に対応可能。

 荷物の積載量や乗車定員の加減ができるほか、ソロキャンプもしくは2人でのキャンプにぴったりな「キャンパー」モジュールも用意するなど、趣味用途にも活用できるということです。

 また標準仕様のほかに、SUVテイストのあるオフロード仕様を設定。

 標準仕様が最低地上高200mmに設定されるのに対し、オフロード仕様は240mm(最低値)まで拡大され、悪路走破性が向上するということです。

※ ※ ※

 エレクトリック・ブランズ社は、サプライチェーンの遅延に伴い、当初予定していた販売開始時期(2022年中に納車開始)を延期することもアナウンス。延期期間はエックスバスの改良に費やされるといいます。

【画像】アウトドア映え必至!? 新型「エックスバス」がカッコいい! レトロ感スゴい外観を画像で見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. もうEVしか買えるものがなかったらコレにしたいけど、日本の大手自動車メーカーのディーラーが販売と修理もやってくれないと困りますね。少なくとも主要都市に1軒無いと壊れたときにどうしようもなくなる。