トヨタが開発、超技術「誰でもドリフト」に熱視線! すんごい「GRスープラ」特別車に思わず拍手も

「トヨタイムズ」は公式ツイッターに、米国「トヨタ・リサーチ・インスティテュート」の人工知能を活用した自動運転技術によりドリフト走行する「GRスープラ」の情報をアップし、多くの注目を集めています。

ドリフトの操縦もすべて自動

 トヨタが運営する「トヨタイムズ」が、自動運転技術によりドリフト走行する「GRスープラ」のコンテンツを公式ツイッターで紹介しました。

 公式ツイッターでは、投稿から24時間未満の段階で400超の「いいね」が付けられ、注目を集めています。

自動運転技術によりドリフト走行が可能な「GRスープラ」
自動運転技術によりドリフト走行が可能な「GRスープラ」

 トヨタイムズが紹介したコンテンツ内の映像では、実験車両のGRスープラがけたたましいスキール音を上げながら、コーナーを曲がったり、障害物を次々に避けて疾走。その器用な走りに、研究スタッフも拍手する様子が収められています。

 万一の事態に備えてドライバーこそ乗せておこなわれましたが、ステアリング、スロットル、ブレーキ、クラッチ、ギア操作など、クルマの操縦はすべて自動だったということです。

 同研究は、自動でドリフト走行すること自体に目的を置いているわけではなく、安全のためにおこなわれています。

 自動車事故のなかには、路面凍結や急ハンドル、急ブレーキを要する事態など、一般的なドライバーでは制御困難なシーンも。

 このような極限状態に陥った際、プロドライバーのように巧みに挙動をコントロールし、危険を回避することを狙いとしています。

 米国のトヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)の研究チームは、ドリフト走行を自動運転で成功させるために、車線内をドリフト走行しながら、障害物を回避可能にする「非線形モデル予測制御(NMPC:Nonlinear Model Predictive Control)」を新たに開発。

 これにより、車両の運動性能や制御を把握して、0.05秒おきに車両の軌道を更新することが可能となり、道路状況の変化への素早い適応と安全な軌道の確保を実現できたといいます。

【画像】すんごい「GRスープラ」をトヨタが開発!? 「人より上手い?」 驚きのドリフト走行 実際の走りを見る(15枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー