トヨタやホンダも米国で大型SUVを展開! 日本で売ったらヒット間違いなしの魅力的な海外専用SUVとは

日本のメーカーのクルマでありながら日本では販売されていない、いわゆる「海外専売モデル」は意外と数多くあります。もし日本で販売されたら売れそうなSUVにはどのようなモデルがあるのでしょうか。

現地生産だからできる、米国の需要を優先した海外専用車

 日本車が初めて海外に輸出されたのは1940年代のこと。当初はあまり評価が高くありませんでしたが、徐々に支持されるようになると、1970年代のオイルショックを経て経済的で故障の少ない日本車はメインストリームへと躍り出ました。

 その一方で、日本車の隆盛は貿易摩擦を生み、不均衡の是正をすべく日本のメーカーは輸出ではなく現地生産を余儀なくされました。

 そして日本のメーカーのクルマでありながら海外で生産されるモデルは年々増加し、今では輸出される台数を大きく上回っています。

 そんな現地生産のクルマですが、じつは日本で走っているクルマばかりではありません。

 現地では需要があるものの日本ではセールスが見込めないような車種も、輸出のコストや関税、為替の変動を度外視できる現地生産なら、販売することができるのです。

 たとえば、道が広くガソリンが安い米国では、大柄なボディに大排気量エンジンを搭載したモデルも受け入れられますが、日本ではビジネス的に難しいと判断されます。

 その結果、日本では生産も販売もされない「海外専売モデル」が誕生。近年はSUVブームが続いていますが、例に挙げた大柄で大排気量という属性とSUVというカテゴリーのマッチングは抜群で、北米を中心に海外専売モデルが多数存在します。

 そんな米国で販売される日本メーカーのSUVのなかで、「日本でも売れそう!」なモデルを紹介します。

ホンダ「パスポート」
ホンダ「パスポート」

●ホンダ「パスポート」

 現在ホンダが国内で販売するSUVは、コンパクトな「ヴェゼル」とミドルサイズの「CR-V」ですが、北米ではラージサイズの「パイロット」とミドルサイズの「パスポート」がラインナップされています。

 パスポートは、北米市場向け車両として1993年に初代モデルが登場。いすゞ「ミューウィザード」のOEM車で、1997年にベース車両と同様にフルモデルチェンジを受け、2002年に販売を終了しましたが、それから17年の時を経て、2019年にまったくのニューモデルとして復活しました。

 ミドルサイズといっても全長は4800mmを超え、全幅も2m近いというなかなかの巨漢。パワートレーンも280PSを誇る3.5リッターV型6気筒エンジンに9速ATの組み合わせと、日本では持て余しそうなスペックです。

 しかし、トヨタ「ランドクルーザープラド」や絶版となった三菱「パジェロ」と大きな差はなく、十分にヒットする土壌はあるといえるでしょう。

 都会的でCR-Vの延長上にあるパイロットのスタイリングに対し、パスポートは大型グリルが備わり無骨な雰囲気なのも日本ではウケそうです。

 米国での価格は3万7870ドルから(約435万円)です。

●トヨタ「4ランナー」

 北米トヨタのSUVラインナップには、日本にはない「ハイランダー」、「4ランナー」、「セコイア」というモデルが存在します。「ヴェンザ」という耳慣れないクルマも販売されていますが、これは「ハリアー」の北米での名前です。

 なかでも4ランナーは、かつて日本で「ハイラックスサーフ」として販売されていたモデルが、2009年に4代目の生産終了をもって日本では販売終了しましたが、北米ではモデルチェンジを受け5代目が登場。

 発売から12年が過ぎましたが、改良を受けながら今もその5代目が現役で販売されています。

 スタイリングは歴代モデルの流れを汲むルーフがやや低いスポーティなフォルム。エンジンは270PSの4リッターV型6気筒を搭載し、トランスミッションはマニュアルでのシフトが可能なモードを備える5速ATを採用します。

 2WDとパートタイム式4WDが選択可能で、価格は3万7305ドルから(約429万円)です。

 日本で販売されるトヨタの大型SUVは「ランドクルーザー(300)」やランドクルーザープラドがありますが、それらとはまた違った選択肢として、導入されればきっと人気が出ることでしょう。

【画像】ハイラックスサーフがアメリカでは現役で販売中!? 国産メーカーの海外専用SUVがカッコよすぎる!(40枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント