次期型いつ出る? 根強い人気誇るトヨタ「シエンタ」 現行人気仕様はいくらで買える?

コンパクトミニバンとして人気の根強い「シエンタ」。購入にはいくらの費用がかかるのでしょうか。また、購入できる年収の目安はどのくらいになるのでしょう。

コンパクトミニバンの代表「シエンタ」 購入にかかる費用は?

 通常のミニバンよりひと回り小型なコンパクトミニバン。
 
 その代表格ともいえるのが、トヨタ「シエンタ」です。

 では、シエンタの人気グレードを購入するにはいくら必要なのでしょう。

>>>トヨタ「シエンタ」 詳細情報はコチラ!

トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」 人気グレードの購入にはいくらかかる?
トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」 人気グレードの購入にはいくらかかる?

 現在は2015年に登場した2代目が販売されているシエンタですが、初代はホンダ「モビリオ」や日産「キューブキュービック」といったコンパクトミニバンが販売されていた2003年に登場し、当時から現在まで、長く多くの人に活用されてきました。

 日本自動車販売協会連合会が公表する2021年の登録車販売台数のデータでは、1月から6月の上半期の時点で全体の10位にランクインする好調ぶりです。

 そんな人気モデルのシエンタですが、SNSでは価格について「シエンタって安いよなあ」「安いけど安心して乗れる」といった声が見られます。

 では、実際にシエンタを購入するとなると、どのくらいの費用が必要になるのでしょうか。

 今回は、トヨタの公式サイトで1番人気とされている「HYBRID G Safety Edition II(車両本体価格251万7000円)」の7人乗り仕様をベースに見積もりを算出します。

 まず、ボディカラーには、1番人気かつ無料の「ブラックマイカ」を選択します。

 エアロパーツなどの外装装飾品は追加しませんが、長距離を走行することを想定して「エントリーナビ NSCN-W68(9万3500円)」と「ETC2.0ユニット(3万5200円)」を追加します。

 また、このHYBRID G Safety Edition IIには、トヨタの安全機能「Toyota Safety Sense」が標準装備されており、比較的安全性は高いと考えられるため、安全機能等もとくに追加はしません。

 ここまででオプションの合計は12万8700円で、前述の車両本体価格251万7000円とあわせると合計金額は264万5700円です。

 さらに、12月の登録を想定すると、自動車税種別割7600円、自賠責保険料2万7770円の税金・保険料がかかります。

 なお、今回はエコカー減税の対象車であるため、自動車重量税などは100%免除されます。

 これに、購入の際にかかる諸費用6万8570円を加えると、税金や諸費用で10万3940円がかかります。

 前述の合計金額とあわせると、シエンタのHYBRID G Safety Edition IIを購入する際に、最低限必要な費用は274万9640円です。

【画像】シエンタSUVがスゴい! タフ顔採用のオフロード仕様を見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント