二輪の「100%非ガソリン化」は実現するか 「EVバイク時代」に向けて各メーカーの考えは?

東京都が目標とする2035年都内二輪車販売100%非ガソリン化は実現するのでしょうか。東京都のEVバイクイベント「EVバイクコレクション」で各メーカーに考えを聞きました。

小池都知事もイベントに登場

 2021年12月4日と5日、東京都が「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」を東京フォーラム(東京都千代田区)で開催しました。

 開催初日には小池百合子都知事が来場。二輪メーカーのブースを訪問して各社の技術担当者らから説明を受けました。

 この後、小池都知事とタレントのフワちゃんがステージでトークショーをおこない、EVバイクの特徴や楽しさ、そして普及の必要性について、詰め掛けた多くの家族連れにも分かりやすく説明しました。

外部充電が可能なホンダ「PCX ELECTRIC」125ccクラス
外部充電が可能なホンダ「PCX ELECTRIC」125ccクラス

 今回の「EVバイクコレクション」の背景にあるのが、東京都環境局が推進している「ゼロエミッション東京戦略2020」です。

 これは、政府の「グリーン成長戦略」発表とほぼ同じ時期である2019年12月に、都が独自に公開した2050年CO2(二酸化炭素)排出量実質ゼロを目指す施策です。2050年までの中間目標として、CO2などの温室効果ガス排出量を都内で2000年比50%削減と掲げています。

 そしてその達成のために、2030年までに都内で販売する乗用車の新車100%を非ガソリン化します。さらに、二輪車は2035年までに新車100%の非ガソリン化を目指します。

 こうした目標を掲げたなかで、都はEVバイクをアピールする場として、今回初めて実際に見て触れて、また乗車できるイベントを開催したのです。

 都のEVバイク政策を受けて、二輪メーカー各社はどのような考え方を持っているのでしょうか。各メーカー関係者に会場内で聞きました。

 まず、カワサキモータースです。川崎重工から二輪車・オフロード四輪車・芝刈り機などの汎用機器が独立して新たに生まれたメーカーです。2035年までに先進国向けに主要機器の電動化を進め、2025年までに10車種以上を導入予定であることを発表しています。

 今回は、スポーツタイプのEVと小型の三輪車を出展しました。

 カワサキのエンジニアは「大型のスポーツタイプは、基本的にEVへの転換が基本。肝はエネルギー密度が高いリチウムイオン電池の量産化です」と話します。

【画像】EVバイクにまたがり笑顔の小池百合子都知事(6枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント