スバル新型「ソルテラ」は補助金ありで300万円台なるか? トヨタとEVを共同開発した狙いとは

スバルの新型電動SUV「ソルテラ」が世界初公開されました。新型ソルテラはスバルとトヨタが共同開発したモデルで、トヨタ版は「bZ4X」となりますが、両社が一緒に電気自動車を作ったのはなぜなのでしょうか。

なぜスバルとトヨタがEVを共同開発したのか?

 スバルが「ソルテラ」とネーミングされた新型電気自動車を2021年11月11日に世界初公開した。
 
 TVやネットのニュースなどで見た人も多いのではないだろうか。このクルマ、ご存知の人も多いと思うがトヨタと共同開発です。

スバルが世界初公開した新型電動SUV「ソルテラ」
スバルが世界初公開した新型電動SUV「ソルテラ」

 トヨタ版は「bZ4X」という名前なのだが、すでに2021年4月の上海オートショーで発表済み。

 中国で初公開されたあと北米で6月にコンセプトが発表され、10月29日に量産モデルの詳細が明らかになっているが、日本でちゃんとしたお披露目会はいまだ無し。

 一方のソルテラは2021年5月に名称が正式発表され、その後、特設サイトでティザー動画や画像などが公開された。

 そして今回は世界初公開ということで、新型コロナ禍のため規模は小さいものの、スバルの中村社長や車両開発トップまで出席した発表会をしっかり開催しました。

 折しもイギリスではCOP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が開催され、日本は「2040年までに全ての新車を電気自動車にする」という協約を飲まなかった。

 そんなタイミングでの新型電気自動車の登場となれば、多くのメディアが報じたくなります。

 こうした経緯から、新型ソルテラは多くのメディアで取り上げられることになった次第。

 ソルテラとbZ4Xは完全なる共同開発だから、スバルとトヨタでクルマそのものの違いは“ほぼ”無いといって良いです。

 簡単に経緯を紹介しておく。最初にこのクルマを企画したのはコンパクトカーを持っていないスバルだが、いまや世界規模で「CAFE」が導入され始めた。

 CAFEとはいわゆる「企業平均燃費」で、燃費の良いクルマをラインナップしていないメーカーにとって厳しい。

 かといってスバルがコンパクトカーを開発しても、コスト掛けた割に販売台数だって期待できない。しかし電気自動車なら平均燃費を大幅に下げられます。

 そこでスバルはトヨタに企画を持ち込んだ。トヨタだって電気自動車は必要です。しかもスバルと共同開発すれば、開発に掛かる人員も半分で済み、両者ウインウインになれる、ということで開発がスタートしました。

【画像】スバルとトヨタで顔が違う!? 新型「ソルテラ」と新型「bZ4X」を見比べる(39枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 4輪駆動で後輪にモーターを設けることが可能な空間のあるBEVの2輪駆動仕様は
    前輪の方のバッテリーを取ればいいだけなのにわざわざ前輪駆動にする必要性ってあるの?

    それとも4輪駆動仕様もモーターは前輪だけでわざわざドライブシャフトでも設けて後輪を駆動させてるのか?

  2. honda-eをラインナップするホンダ、mx-30をラインナップするマツダ、ともに航続距離が短いのが問題だが
    今後両者の電動化、どうなるのか。
    完全電動化に舵を切る宣言しているホンダはともかく、今更直6・FRを北米展開とか言ってるマツダは不安しかない…

  3. 就任早々グダグダのキッシーだけどCOPではちゃんと仕事して来たようだ。ダントツ世界一のカーボンマシマシの支那を差し置いて日本企業の批判ばかりしているアホメディアより数倍お利口さんだった。石炭火力発電全廃も蹴っている。石炭火力発電の脱硫や高効率技術を世界に指導するらしい。
    欧州では今年風が弱く風力発電がグダグダ米国ではシェールオイルにブレーキかけたバイデン爺さんのお陰でエネルギー輸出国から輸入国へ逆転転落。原油価格天然ガス価格が上がり電気代もガソリン代も暴騰するだろう。水素だのバイオマスだのは石油が無くては作れず皆暴騰する。地熱発電が使えるならとっくに企業がやっている。税金毟って補助金漬けにでもしなけりゃ採算に合わんのだ。環境保護カーボンフリーとやらが社会環境を破壊する。