ダイハツ新型ミニバン「セニア」世界初公開! 10年ぶり刷新の3代目は爆イケ顔に 尼で発表

ダイハツは2021年11月11日に新型MPV「セニア」をインドネシアでフルモデルチェンジ、同日発売しました。10年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

10年ぶりフルモデルチェンジで登場

 ダイハツのインドネシア法人「アストラ・ダイハツ・モーター社(ADM)」は、2021年11月11日にMPV(日本でいうミニバン)の「セニア」をインドネシアでフルモデルチェンジして、同日発売しました。セニアのフルモデルチェンジは10年ぶりとなります。

 ダイハツ新型「セニア」
ダイハツ新型「セニア」

 セニアは、トヨタとの初の共同開発車として2004年に初代モデルが登場。発売からの累計販売台数は、ダイハツがインドネシアで販売するクルマとしてもっとも多い約68万台にのぼります。

 3代目となった新型セニアはボディサイズが全長4395mm×全幅1730mm×全高1700mm。ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA」によるインドネシア第2弾のクルマです。

 また、従来同様トヨタにもOEM供給されます。

 フルモデルチェンジにあたりプラットフォームを一新し、セニアとして初めてFFレイアウトを採用。

 乗車定員は7名で、室内長は160mm拡大したほか、多彩なシートアレンジを設定します。

 内外装デザインはよりスポーティな印象に仕上げたほか、2021年4月にインドネシアで発売したSUV「ロッキー」に続いて予防安全装備「スマートアシスト(現地名:Advanced Safety Assist)」を導入しました。

 搭載されるエンジンは1.3リッター自然吸気と1.5リッター自然吸気、トランスミッションはCVTもしくは5速MTです。

 インドネシア市場における新型セニアの価格1億9090万ルピアから2億4270万ルピア(約153万円から約194万円、1ルピア0.008円で計算)です。

 生産はADM(アストラ・ダイハツ・モーター)スンター車両工場でおこなわれます。

【画像】10年ぶり刷新のダイハツ新7人乗りがカッコいい! 新型「セニア」実車を画像で見る(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 日本でも発売して欲しい、これがいい。
    三菱のエクスパンダーにしろインドネシア向けはコスパが高そう。

  2. 車体の全髙の割りにタイヤが小さいな。
    そして三列は要らん。
    7人も乗せる程の家族の要る家庭がどれだけ日本人に要るの?
    二列でリアはフルフラットの方が使い安いかな。