まさにタイヤ大戦争! 人気の「スーパーGT」 にタイヤメーカーがチカラを入れる理由

日本でもっとも人気のあるレースシリーズが「スーパーGT」です。その注目度の高さから、国内外の自動車メーカーが参戦しています。スーパーGTはそれだけでなく、4社ものタイヤメーカーがタイヤを供給するという、世界でも希少なレースシリーズでもあるのです。なぜ各タイヤメーカーはレース活動、とりわけスーパーGTにチカラを入れているのでしょうか。

タイヤメーカー4社が参戦するのは世界のレースでも珍しい

 日本でもっとも人気が高いレースシリーズである「スーパーGT」。

 国内外のさまざまな自動車メーカーが参戦していますが、それとともに合計で4つのタイヤメーカーがレース用タイヤを供給していることをご存じでしょうか?

スーパーGT2021シリーズの様子
スーパーGT2021シリーズの様子

 じつは、スーパーGTのように複数のメーカーがタイヤを供給しているレースシリーズは世界的に見ても希少なのです。

 世界のほとんどのシリーズは、規則でタイヤメーカーを1社に絞っています。これを一般にワンメイク制と呼びます。

 たとえばF1グランプリは「ピレリ」、フォーミュラEは「ミシュラン」、アメリカのインディカー・シリーズは「ファイアストン」、日本のスーパーフォーミュラ・シリーズは「ヨコハマ」が、それぞれ独占的にタイヤを供給するとルールで決められています。

 例外は、ルマン24時間などが名を連ねる世界耐久選手権(WEC)で、LMP2と呼ばれるクラスのみ「グッドイヤー」のワンメイク制ですが、それ以外のハイパーカー・クラスやLMGTEクラスは複数のメーカーがタイヤを供給することを認めています。

フォーミュラ1のタイヤは現在、ピレリのワンメイクだ。過去にはブリヂストンやミシュラン、グッドイヤーなどがサプライヤーとして提供していた
フォーミュラ1のタイヤは現在、ピレリのワンメイクだ。過去にはブリヂストンやミシュラン、グッドイヤーなどがサプライヤーとして提供していた

 ただし、実態を見ると、ハイパーカー・クラスもLMGTEクラスも全チームがミシュランを使用しており、実質的なワンメイク状態となっています。

 ところがスーパーGTでは、ブリヂストン、ミシュラン、ヨコハマ、ダンロップの4メーカーが、いずれも同じGT500クラスで凌ぎを削っているのです。しかも、ミシュランを除く3メーカーは、GT300クラスにもタイヤを供給し、激戦を繰り広げています。

 2021年シーズンの第5戦までを振り返ると、GT500クラスではブリヂストンが4勝と圧倒的な強さを誇っていますが、第3戦鈴鹿(新型コロナウィルス感染症の影響で順延となり、第4戦もてぎの後で開催された)ではミシュランを装着する2台が1−2フィニッシュを果たしました。

 さらに予選に目を向けると、ブリヂストンがポールポジションを獲得したのは3回で、残りはヨコハマとダンロップが1回ずつ勝ち取っています。つまり、ブリヂストンが優勢であるのは事実ですが、ミシュラン、ヨコハマ、ダンロップも健闘しているのです。

 GT300クラスはさらに混戦模様で、予選では全5戦でダンロップがポールポジションを獲得。いっぽうの決勝レースではヨコハマとダンロップが2勝しているものの、ブリヂストンも1勝でこれを追っています。

【画像】スーパーGTはタイヤ大戦争! 人気のマシンをチェック(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント