「もう待てない」の声多数! 日産新型「エクストレイル」いつ出るの? オーナーの悲しき叫びとは

日産を代表するSUVの「エクストレイル」ですが、海外市場ではすでにフルモデルチェンジがおこなわれています。しかし、お膝元といえる日本ではまだ新型エクストレイルに関する情報は出ていません。現オーナーはどのように思っているのでしょうか。

日産「エクストレイル」ってどんなクルマ?

 日産「エクストレイル」は、2000年の誕生から2度のフルモデルチェンジを経て、2022年に新型モデルの登場が予想されています。
 
 そうしたなかで、現オーナーが感じるエクストレイルのメリット・デメリットや新型モデルへの思いとはどのようなものでしょうか。

日本にはいつ来るの? 新型エクストレイルに対する現オーナーの声はいかに?(画像は北米の新型ローグ)
日本にはいつ来るの? 新型エクストレイルに対する現オーナーの声はいかに?(画像は北米の新型ローグ)

 2000年に誕生したエクストレイルは、これまでに2度のフルモデルチェンジを経て、現在は3代目が販売されています。

 都会派SUVとして人気を博したエクストレイルですが、SNSでは現オーナーから「エクストレイルかっこ良くて最高!」「運転していて楽しい」といった愛車を絶賛する声が多く見受けられます。

 また、実際にエクストレイルを所有しているK氏は次のように話しています。

「エクストレイルは4WDとしての走行性能や機能が十分なうえに、乗り心地が良いのが魅力ですが、加速がゆったりとしていて、ややパワー不足を感じるときもあります。

 また、高速道路などは問題ありませんが、市街地での走行では最新のクルマに比べて燃費性能が劣っているように感じます」

 所持しているクルマのグレードや年式によっても異なりますが、実際に所持しているオーナーだからこそ実感できるパワー不足や燃費性能の低さなど、エクストレイルにもデメリットといえる点はあるようです。

 そうしたなかで、新型エクストレイルの登場が期待されています。

 すでに北米では2020年10月から新型「ローグ」という名で発売が開始されており、中国でも2021年4月の上海のモーターショーで新型ローグのデザインで新型エクストレイルが公開されています。

 新型ローグ(新型エクストレイル)のデザインは、大型のダブルVモーショングリルや上下2段に分かれたLEDヘッドランプ、大径の19インチホイールを装着し、現行モデルよりも迫力が増した印象です。

 その一方、内装は洗練されたデザインを実現。ソフトパットや木目調のパーツを組み合わせた上質な室内が広がっています。

 インパネ中央にはフローティングタイプの大型ディスプレイを装着。センターコンソールの下に収納スペースを用意するなど、使い勝手が向上しました。

 シートは2列シート5人乗りと3列シート7人乗りを用意。進化した「プロパイロット」も備わり、高速道路における長距離運転のストレスをより軽減します。

 パワートレインでは、北米仕様の新型ローグに2.5リッターガソリンエンジンを搭載し、最高出力181馬力を発揮。

 中国仕様の新型エクストレイルのパワートレインは、1.5リッター3気筒VCターボエンジンを搭載し、最高出力約204馬力を発揮します。

 また、欧州で2022年夏に発売される新型エクストレイルには、電動パワートレイン「e-POWER」を搭載することが明かされています。

 そうしたなかで、日本では未だに新型エクストレイルに関する正式なアナウンスなく、発売の有無すら明らかにされていない状況となっているため、ネット上ではそれを含め様々な憶測が飛び交っています。

 とくに多く見受けられたのは、「海外では販売・公開されているのになぜ国内で発表しないのか」といった疑問の声です。
 
 なかには「新型エクストレイルの発売を待ちたかったけど、いつになるかわからないので違うクルマに決めた」、「ずっと新型エクストレイルの登場を待っていたが、トヨタのSUVに乗り換えた」などという人もおり、海外で登場してから国内での発表を待つこの期間を長すぎると感じる人も多いようです。

 前出のエクストレイルオーナーK氏は、新型エクストレイルの登場について以下のように話します。

「デザインが時代とともに変化していくのが楽しみなので、モデルチェンジもどんどん重ねていってほしいです。今回の新型の発表も心待ちにしています」
  
※ ※ ※

 2000年の誕生から熱い支持をうけるエクストレイルは、走行性能や乗り心地の良さからファンも多いモデルです。

 そこで、多くの人の期待を背負う新型は、国内発売に関しての詳細が明らかにされていないものの、北米や上海での公開・販売を受けネット上でもさまざまな憶測が飛び交います。
 
 3代目の発売からすでに9年が経過しており、直近の販売台数も低迷しています。

 かつてのSUV販売台数No.1の栄光を再び掴むためにも、新型エクストレイルの登場が期待されます。

日産・エクストレイルのカタログ情報を見る

【画像】新型モデルはどうなる? 約270万円から設定される北米ローグの内外装を見る(44枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント