激シブ角目のトヨタ「ランクル」が800万円超え!? ブルーの極上仕様「60系」がスゴい!

2021年にトヨタ新型「ランドクルーザー(300型)」が登場しますが、世界中では歴代ランドクルーザーの相場が右肩上がりで高騰しています。そうしたなかで、2021年3月におこなわれたオークションでは60型が800万円超えで落札されたといいます。

世界に誇るランクル人気! 60が800万円超えで落札!

 トヨタが世界に誇る名車として「ランドクルーザー」が存在します。1951年に初代BJ型が登場してから70年を迎えた2021年には新型300型が登場しました。
 
 また、ランドクルーザーシリーズにはさまざまな系譜が存在し、それぞれの歴代モデルは世界各地で高い人気を誇っています。
 
 そうしたなかで、2021年3月に米国でおこなわれた「バレット・ジャクソン・オークション」では、60型が出品され7万7000米ドル(約846万円/手数料込)という価格で落札されました。

33年前のランクルが新車並にリフレッシュ!? 極上な60の内外装がスゴイ(photo:Barrett・Jackson・Auction)
33年前のランクルが新車並にリフレッシュ!? 極上な60の内外装がスゴイ(photo:Barrett・Jackson・Auction)

 ランドクルーザーの歴史は、「Heavy Duty(BJ/20/40/70)」、「Station Wagon(55/60/80/100/200)」、「Light Duty(70/90/120/150)」と3つに分類されます。

 前述のランドクルーザー60型は、1980年から1989年まで発売されていたモデルです。

 海外仕様はステーションワゴンと分類されていましたが、日本仕様はバン(商用車)として販売。

 エクステリアは、丸目ヘッドライトの前期と角目の後期という形で区別されており、ボディサイズは全長4750mm×全幅1800mm×全高1815mmとなっています。

 インテリアは、フロントシートをベンチタイプから最適な運転姿勢をとれるセパレートタイプにすることで、乗車定員は従来の6名から5名に変更。

 エアコンやパワーステアリング、ファブリックシートなども用意したことで、広く個人ユーザーにも支持されました。

 パワートレインは、当初4.2リッター直列6気筒ガソリンエンジンと3.4リッター直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載。1982年には4リッター直列6気筒ディーゼルエンジンを追加。

 さらに、後期にはターボやEFIなどのハイパワーエンジン搭載モデルも追加したほか、オートマチックトランスミッション、デフロックなどの機能も次々に設定するなど、1980年の発売以降は毎年のように改良がおこなわれていました。

 出品されたランドクルーザー60は、1988年の後期のモデルです。パワートレインは、4リッター直列6気筒ディーゼルエンジンとオートマチックトランスミッションを組み合わせています。

 走行距離は6万3068マイル(約10万1498km)とそれなりに使われていたものの、内外装や機械部分は徹底的にリフレッシュされています。

 機械部分のリフレッシュ作業はすべてトヨタのディーラーで2万ドル(約200万円)以上かけておこなわれました。

 具体的には、交換出来る部品はすべて変えられているほか、4輪アライメントも再度調整されています。

 これらの作業は約1年半掛けて実施され、その後は全分解から、元の色であるロイヤルブルーに塗り替えられました。

 なお、エクステリアパーツは前後バンパー、グリルなども新品に交換していますが、ホイールはオリジナルです。

 インテリアは、シート、カーペット、ドアパネルなどすべてのトリムを含む全体がオリジナルであり、スピードメーターや、ウインカーレバー、シフトノブなどもオリジナルとなっています。

※ ※ ※

 現在、ランドクルーザーシリーズは40型が1000万円を超える価格で取引されているほか、日本では今回の60型や70型などをリノベーションさせたものが人気となるなど、オールドランドクルーザーが注目されています。

トヨタ・ランドクルーザー のカタログ情報を見る

【画像】内外装が新車並!? 極上のランクル60が凄すぎる! 驚きの全容を見る!(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント