シトロエンのコンフォートSUV「C5エアクロス」が仕様変更! ガソリン車は燃費9%向上

グループPSAジャパンは2021年4月8日、シトロエン「C5 AIRCROSS SUV(C5エアクロス)の一部仕様変更をおこない発売した。

全グレードLEDヘッドライトを標準化

 グループPSAジャパンは2021年4月8日、シトロエン「C5 AIRCROSS SUV(C5エアクロスSUV)」の一部仕様変更をおこない発売した。

シトロエン「C5エアクロスSUV」
シトロエン「C5エアクロスSUV」

 今回のC5エアクロスSUVの一部改良は、全グレードでLEDヘッドライトを標準装備。またディーゼルモデルに設定されているナッパレザーパッケージオプションのシートとトリムカラーを、ブラウン&ブラックからブラック&ライトグレーに変更している。

 またガソリンエンジン車では、欧州排出ガス規制「Euro6.3」対応のエンジンマネジメントの見直しにより、WLTCモード燃費が従来の13.8km/hから約9%向上した15.0km/hへと燃費改善を果たしている。

 グレード構成は以下のとおり。

・C5エアクロスSUV シャイン(ガソリンエンジンモデル) 420万円
・C5エアクロスSUV シャイン(ディーゼルエンジンモデル) 439万円
・C5エアクロスSUV シャインBlueHDiナッパレザーパッケージ(ディーゼルエンジンモデル) 476万円

※ ※ ※

 C5エアクロスは2017年の上海モーターショーで世界初公開を果たした、全長4500mm×全幅1850mm×全高1710mm、ホイールベース2730mmというミドルサイズSUVだ。日本では2019年5月から販売されている。

 シトロエン独自の二重構造を持つ“ハイドロニューマティックサスペンション”の現代的解釈といえる「PHC(プログレッシブ・ハイドローリック・クッション)」を搭載、さらにアドバンストコンフォートシートなどで卓越した乗り心地を追求。シトロエンが創業以来追求してきたコンフォート性能を、もっとも色濃く反映しているモデルといえる。

 ガソリンエンジンは1.6リッター直列4気筒で、180ps・250Nmを発生。またディーゼルエンジンは2リッター直列4気筒で177ps・400Nmというスペックを誇る。組み合わされるトランスミッションはEAT8(8速AT)だ。

【画像】絶好調!シトロエンのラインナップを見る(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント