東日本大震災、10年前に中国車が日本を救った? 超法規的措置で導入! 1億5000万円ポンプ車の現在

10年前の2011年3月11日、東日本大震災による福島第一原発の事故が発生しました。その際、原子炉を冷却することが急務でしたがその作業の影に中国製のポンプ車の活躍があったことはあまり知られていません。当時の様子や10年経った現在の状況を関係各所に取材をおこない、いま振り返ります。

3.11後、原発冷却のために、コンクリートポンプ車を中国から緊急輸入

 2011年3月11日に発生した東日本大震災による福島第一原発の事故において被害をこれ以上拡大させないために、原子炉を冷却することが急務でした。
 
 その際、1台の中国製ポンプ車が活躍していたといいますが、どのような事情があったのでしょうか。

超法規的措置によって日本に持ってこられたコンクリートポンプ車。移動中の前後には各府県のパトカーが護衛にあたった(写真提供:東京電力、WWB(株)、川添智弘、加藤ヒロト)
超法規的措置によって日本に持ってこられたコンクリートポンプ車。移動中の前後には各府県のパトカーが護衛にあたった(写真提供:東京電力、WWB(株)、川添智弘、加藤ヒロト)

 当時、東京電力や日本政府は、原子炉を冷却するためにさまざまな方法を模索し、ヘリコプターからの散水や消防車を使った放水など試みたもののいずれもうまくいきませんでした。

 ヘリは被爆を極力避けるために、かなり高い位置からの散水となり風に流されるなどしてほぼ効果なし。消防車は高さがまったく足りずこちらも効果なし。

 そこで、長いブームを持つコンクリートポンプ車による注水という方法が提案されました。

 コンクリートポンプ車とは一般的な大型トラックのシャーシにコンクリート圧送のためのポンプと、コンクリートを高所に送るための配管がついた折りたたみ式ブームを有する建設機械のことです。

 もともとは高層ビルなどを建設する際に液状のコンクリートをポンプで流し込むための機械ですから、「コンクリートよりも軽い水を高所まで圧送して注水できるのでは?」と考えられたのです。

 消防車やヘリを使うよりは効果が見込めましたが、ひとつ大きな問題がありました。

 それは、車両総重量の上限が25トンという道路運送車両法や限界角度などの規制に関係したことで、ブームの長さが最大でも36mに制限されており、原発の注水作業に使える60m級のポンプ車は日本には存在していなかったのです。

 そして、世界中を探し回った結果、中国・三一重工という建機メーカーが製造する長さ62mのブームを持つコンクリートポンプ車が見つかりました。

 しかも、非常に性能が良いポンプ車で、2キロ離れたところからの遠隔操作も可能というものでした。

 東電はすぐに、三一重工の日本法人を通じて、中国・三一重工に購入したいことを伝えましたが、三一重工社長の梁穏根(りょう・おんこん)氏からは、驚く答えが返ってきました。

「日本に販売しないでください。売らないでください。日本は一衣帯水の隣国です。

 今こそ支援の手を差し伸べたい。そのポンプ車は日本の被災地に寄贈します」

 つまり、1億5千万円もするコンクリートポンプ車を販売するのではなく、無償提供したいとの返事でした。

 単に車両だけを送るのではありません。三一重工から専門の技術者3名も一緒に来日して操作方法などのレクチャーもおこなうとのことでした。

 当時の様子を三一重工の日本代理店であるWWB株式会社社長は振りかえります。

「寄贈が決定し、すぐに三一重工が62mブームを持つポンプ車を探したところ、非常にラッキーなことに、たまたま上海の港に条件に合ったコンクリートポンプ車があることがわかりました。

 ドイツに向けて出港目前だったのですが、ドイツ側の企業にも快諾いただき、赤十字社を通じて日本の被災地に向けて送ることになったのです。

 ドイツに向かう船から降ろされたコンクリートポンプ車はすぐさま、『蘇州号』(上海~大阪)に乗せ換えて日本に向かうことになりました。

 日本に到着してからは、千葉県野田市で2日間、操作方法などの訓練をおこない、その後、福島に向けて旅立ちました」

※ ※ ※

 今回の取材では、かつて存在していた三一重工の日本法人「三一日本」の代表取締役(当時)川添智弘氏にもお話を詳しく伺うことができました。

「大阪から千葉~福島まで自走で移動したのですが通過ルートの状態もすべて詳細に調べる必要がありました。

 道路幅や橋、トンネルなど。なんせ総重量が55トンもある車両です。私のメールには東電さんとの緊迫したやり取りが今も残っていますよ。

 通過する府県の警察も全面協力してくださり、無事に福島に移動できるよう道路の一時封鎖など交通規制も一部ではおこなわれました。コンクリートポンプ車の前後には各府県のパトカーが護衛につきました。

 本来ならば、日本の公道を走行するには各種の規制があり時間もかかるのですが、今回は赤十字社を通じた寄贈ということで超法規的措置によって、仮ナンバーの発行もスムースにおこなわれ、上海の港を出て千葉の訓練場所を経て福島第一原発で注水作業がおこなわれるまで約2週間という驚異的な短期間で実現しました」

【画像】日中が動いた1億5000万円のポンプ車、当時の様子を交えて見る(42枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

18件のコメント

  1. 中国に乾杯だ ありがとうございました。
    すごいポンプ車ですね 国際救助隊 謝謝

  2. 中国が無償提供してくれた世界最大級のコンクリートポンプ車、本当に助かりました、感謝です。

    でもこの記事、こうなった経緯やコンクリートポンプ車での注水に携わった当事者を都合よく極度にカットしてただの露骨な中国マンセー記事になってますよ。😅
    そもそも注水できず窮地に立たされた当時の日本政府と東電がなぜ閃いたかの如く突然コンクリートポンプ車に白羽の矢を立てたのか?なぜすぐ走って来られる国内のコンクリートポンプ車と中国から船&港から先導付きで自走してくるコンクリートポンプ車の現地到着に大差無かったのか、なぜ国内のコンクリートポンプ車がお払い箱になったのかとか。
    10年が経過して詳細な記憶が薄れてきた頃にこんな印象操作記事を掲載するのはどうなんでしょうね。

    当時コンクリートポンプ車が注水に使われた経緯を知る人たちの間では有名な話しですけど、コンクリートポンプ車を提供した建築業者さんの記事がありますので良く知らない方は読まれてみてはいかがでしょうか?

    • 酷いですね。

  3. 元々三重県四日市市の建築会社がこの手の機材を提供しようと言ったら当時の政府が断っているけどな。
    なおその建築会社は自民党を支持する会社で、選挙区は民主党の岡田氏の地域で同年4月に三重県知事選挙があって、現知事が元通産省の官僚で自民党が支持しているが、岡田氏も元通産官僚で民主党が対抗馬擁立してたりするけどな。
    きな臭い匂いがぷ分するわな。

    • 確かに怪しいですね。

    • 済みません、出典を教えて頂けますか?「三重県四日市市の建築会社がこの手の機材を提供しようと言ったら当時の政府が断って」と、「その建築会社は自民党を支持する会社」というお話のです。
      政治的イデオロギーや党利の関係かどうかも裏付けが無いようなのですが。

  4. 記事に誤りがありますね
    国内に注水できるブーム長を持つポンプ車は4台(うち3台は国内企業所有)存在していました。
    コンクリートポンプによる注水を政府に提案し、決死隊を組んで現地入りしてくださった
    中央建設さんに対してあまりにも失礼な内容です。

    • 危うく騙される所でしたが、此れは明らかに誤報でしょう。

    • あら、国内に存在していたソースのリンクを書き込んでいたのに編集されちゃったみたいです。
      「国内最大の生コンポンプ車で原発冷やす」で検索してみてください。
      コンクリートポンプ導入の経緯についても「福島原発に水を注入せよ」で検索してみてください。

  5. その通りだと思います。現場にその一台しか行っていなかったらそうかもしれませんが、他に4台も行ってるので経緯と善意の持ち主の方に配慮が欠如してます。一億五千万の無償提供と三人のオペレーターと後のメンテナンスには感動しました。

  6. 当時は民主党政権。もうコレだけで分かりますね。台湾からの救助チームを足止めして韓国の救助チームを先に入国させてましたから。絶対忘れませんよ。

  7. *******
    22日、注水作業が始まった。使われたのはブツマイスター社所有のポンプ車だった。
    *************************************************************
    中央建設の3人はポンプ車を小名浜に残したまま、とりあえず埼玉県の川越に避難し、そこで待機することになった。丸川商事のポンプ車も川越にやって来た。ポンプ車での注水作業をするため、全国から15人の作業員が川越に集められた。Aさんたちは丸川商事のポンプ車を使って彼らに使い方を教えた。しかし翌日、作業員全員が逃げていなくなった。
     27日には、中国・三一重工社製のアーム長62Mのポンプ車が福島に到着、注水作業を開
    ********************************************************************
     始。29日、ポンプ車を小名浜に残したまま、3人は四日市に戻ってきた。結局、中央建設と丸川商事のポンプ車は使われることはなかった。
    *******

  8. コメント欄も皆言いたいことを書いているだけで、事実関係が全然足りない。
    ましてや政治がらみは憶測や、都合の良い解釈ばかり。
    他の建設会社が提供したコンクリートポンプ車の性能や高さ対応など、肝心なことが抜けてたまま。
    なんなんだ、このご都合主義は。

    • https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2200I_S1A320C1000000/

  9. 三一重工は非常に技術力の高い会社ですね。中国では、日本の小松、日立、アメリカのCATなども三一との競合で大変苦労しています。技術の進歩が早いのが特色です。

  10. 念のため、ページタイトルだけのものも貼っておきますね。
    (これは今投稿した、各ページへのリンク付きの投稿から、リンクを消して、ページタイトルだけにしたものです。)

    > 皆さん、当時どのようだったか、もう少し詳しく知りたいでしょ。
    > 下記をどうぞ
    >
    > 「【東日本大震災】これが最終兵器だ!東電よ使ってくれ【福島原発事故】」
    > 「国内最大の生コンポンプ車で原発冷やす: 日本経済新聞」
    > 「原発への生コン圧送車遅れた背景に岡田幹事長の政治的駆引き|NEWSポストセブン」
    > 「福島原発に水を注入せよ!! / 中央建設の挑戦 ― Plus 三重」

    > 皆さん、当時どのようだったか、もう少し詳しく知りたいでしょ。
    > 下記をどうぞ

    • あ~やっぱリンク張ったのはコメントとして出ないのかな。
      行頭の >記号が > になって見にくいですね。

      補足します。
      この記事の本文にある、
      > それは、車両総重量の上限が25トンという道路運送車両法や限界角度などの規制に関係したことで、ブームの長さが最大でも36mに制限されており、
      の箇所ですが、これですと、当時、国内にはブーム長が最大でも36mのモノしか無かったように読めるのですが、それは事実ではありません。

    • もう少し追加。
      三重県四日市市の「中央建設」さん所有のプツマイスター(M52 Multi-Z)は52mのブーム車です。
      そして、岐阜県恵那市から福島県内迄すでに移動して待機していた「丸河商事」さんのポンプ車も、同じくプツマイスターのM52 Multi-Z です。
      チェルノブイリの石棺に活躍したのもこのプツマイスターです。

      あと、ドイツのプツマイスター社が中国の三一重工らの買収に応じたのは、2012年1月27日で、ポンプ車が活躍したのは前年の2011年3月22日、ですからその時点で、プツマイスター社も、そのポンプ車も、純然たるドイツです。もちろん、無償で~の下りには感謝しかありません。

      ただ、このページのページタイトルにある、「10年前に中国車が日本を救った?」には、ちょっと違和感が拭えません。

      後は皆さん、ご自分でいろいろ調べてみてください。
      記事に書かれていないこと、(無視して)無かったことにされていることが沢山あります。