軽トラにとって最大の脅威!? 「タジマジャイアンピックアップトラック」の持つポテンシャルとは

タジマEVが販売している超小型モビリティのEVトラック「タジマジャイアンピックアップトラック」は、軽トラックの脅威となりうるのでしょうか。

軽トラの代替となる? 「タジマジャイアンピックアップトラック」

 近年、世界的にクルマの電動化の重要性が叫ばれるなか、軽乗用車や軽トラックをはじめとした地域の足となるクルマの電動化をどのように進めるのかが課題となっています。

 一部報道ではダイハツは2021年度中にフルハイブリッドの軽自動車を発売するとしていますが、価格設定がどのようになるのかも注目されているところです。

 そんななか、タジマEVが販売している超小型モビリティのEVトラック「タジマジャイアンピックアップトラック」があるというのですが、いったいどんなモデルなのでしょうか。

「タジマジャイアンピックアップトラック」2020年モデル
「タジマジャイアンピックアップトラック」2020年モデル

 トヨタが2020年12月に発表した新型「シーポッド」と同じ超小型モビリティに分類されるタジマジャイアンピックアップトラックは、現在2020年8月に発表された2020年モデルが販売されています。

 実際に、タジマジャイアンピックアップトラックのスペックを見ると、耐荷重は250キロで満充電航続距離は130キロメートルです。

 軽トラックとスペックを比較すると、耐荷重に関しては軽トラックの350キロには及ばないものの、ヘビーユースするユーザーでなければ十分な性能といえます。

 長距離移動をしない軽トラックユーザーであれば、航続距離も問題にはならないという場合も多そうです。

 また車両価格も注目されるポイントですが、タジマジャイアンピックアップトラックは消費税抜の車両価格で155万円に設定されています。

 これはスズキ「キャリイ」シリーズやダイハツ「ハイゼットトラック」シリーズの上級グレードと比べて40万円から50万円高の価格差に収まる設定で、今後の市場の動向によっては軽トラック市場への脅威となることも予想されます。

※ ※ ※

 2021年2月16日に出光興産は、タジマモーターの関連会社であるタジマEVに出資をおこない、同年4月にタジマEVの商号を変更して「株式会社出光タジマEV」(以下、出光タジマEV)を設立すると発表しました。

 出光タジマEVでは超小型EVなどの次世代モビリティおよびサービスの開発をおこなうといい、全国6400か所の出光系列SSネットワークも活用されるということです。

 これまでタジマEVが手掛けてきたタジマジャイアンピックアップトラックが、新会社でどのような展開を見せるのか注目されます。

【画像】軽トラピンチか!? 超小型トラック「タジマジャイアンピックアップトラック」を画像で見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. セミキャブオーバー化で少し荷台が短くなっただけでも不評で売れなくなるのが軽トラ。
    かなり厳しい戦いになると思います。

  2. 米農家にとっては脆弱すぎていらないな。

  3. 開発者は荒れた農道を明らかに過積載であるキャリーが走ってるのを見たことがあるのだろうか?
    あれ位のジムニーよろしくな走破性能がないと農家の購買欲求に刺さらないのではないかな?
    たまに短距離で大荷物を運ぶ為に買っとくか、程度の商用車としては選択肢に入るのかもしれない。

  4.  少なくとも この仕様ではちょっとした段差で亀になりそうで怖い。
     価格50%増は選択筋が無くなれば致し方なしか・・・バッテリー交換費用も考えると貧農にはかなり厳しく感じる。

  5. 航続距離短すぎだし農家には見向きもされないだろう

  6. 下低いから擦れてダメ、荷台サイズに合わせて作られてる農業資材乗らないやんけ、
    350キロどころか1トンくらい普通に乗せて使うのに何いってんだコイツ、充電問題・修理車屋問題が解決するまで買えるわけない、と言ったところでしょうか。10年後に期待です。
    受用は都会の花屋とか程度でしょう。

  7. これに限らず超小型EVは最高速度が低すぎて交通の流れの中で走るのは危なくないですか?

  8. 自動ブレーキ付きが90万円台。これが今の軽トラ相場。5000円違いで顧客を逃がす厳しい世界では20万円アップでEV化(110万円台)にしないと商売にならない。加えて基本性能同等が条件。

  9. 耐荷重250kgって、たぶん本当に250kgしか積めないんだろうなって
    (あくまで私有地の話だけど)軽トラは最高1tくらいまで積めるし、脅威とか書かれてるけど話にならないんじゃないかな…

  10. また頭の弱いライターに記事書かせたもんだな(笑)
    お洒落な配達車が欲しいとか小回り効く足車が欲しい層には受けるだろうが新車で軽トラ買う人がこれと比較する事は少ないだろうな。
    だいたい構想から10年かかって詰めた超小型モビリティが結果こんな中途半端な物になった原因は事勿れ主義な役人と既存軽自動車メーカーの責任だ。原付ミニカーの上位カテゴリーとして側車付軽二輪枠で車室OKな車で良かったのに、衝突安全性だの税の管轄だので軽の下位互換とは情けない。(安全性云々言うならバイクは公道走れない)
    あ、忘れてたが軽トラとの価格差50万なんて軽々しく書いてあるが比率で1.5倍以上だぞ?300万と450万、500万と750万の車が比較対象になるようなおつむの出来ならもう一度小学校からやり直せば?