相次ぐ廃止も!? なぜセダンは人気低迷?「セダンを選ぶ理由が…」若者の本音とは

かつてセダンは、クルマの基本形としてさまざまなモデルがラインナップされていましたが、現在では車種が減少。販売も低迷しているといわざるを得ません。高齢者には根強い人気があるセダンですが、若者にとってはどうなのでしょうか。

セダンの悩みはユーザー層の高年齢化

 2020年11月に中日新聞が報じた「次期型クラウンでは、セダン廃止し、クロスオーバー化を検討」というニュースに、日本中のクルマ好きに激震が走りました。
 
 その後、「セダンプラスという新しいジャンルになる」といった噂が立ちましたが、トヨタからアナウンスはなく、クラウンの動向が注目されています。

セダン終了が噂されるトヨタ「クラウン」
セダン終了が噂されるトヨタ「クラウン」

 トヨタ「クラウン」といえば、1955年に初代が発売された日本を代表する高級セダン。2018年に登場した現行モデルは15代目にあたり、伝統のある国産車のひとつです。

 隆盛期となる1990年の年間販売台数はなんと約24万台。これは、いま日本で一番売れているホンダ「N-BOX」の2019年の年間販売台数(23万6635台)と同等という、驚異的な数字です。

 昨今では、さすがにクラウンの販売台数は落ち込んでいますが、それでも現行型が登場した2018年には5万台超、2020年も約2万2000台と、エントリーグレードでも500万円近い高級車としては十分なセールスを記録しているともいえます。

 そんなクラウンのセダンタイプが消滅するという話題になるのも、「セダン」というジャンル自体が低迷しているからにほかなりません。

 最近ではレクサス「GS」やトヨタ「マークX」、日産「ティアナ」「シルフィ」、ホンダ「グレイス」「シビックセダン」などが相次いで販売を終了。

 また、トヨタの「プレミオ」と「アリオン」が2021年3月末をもって生産終了となることが、公式ホームページで案内されています。

 現在のSUVのように、かつてトヨタはセダン(4ドアハードトップ含む)だけでも充実したラインナップを展開していましたが、今後は「カローラ」「カムリ」「センチェリー」「ミライ」のみになる可能性があるのです。

 センチュリーとミライが少し特殊なモデルということを考えると、実質カローラとカムリだけです。果たして、そこまで販売車種を絞るほどセダンは不人気なのでしょうか。

 メーカーを問わず、実際に現場で販売を担当するディーラーマンは口をそろえて、「セダンは中高年齢層には根強い人気があるが、若者からあまり支持されていない」と話します。

 実際、2015年の時点でカローラのセダン購入者の平均年齢は70歳、クラウンユーザーの平均年齢層は60代とされていました。

 ちなみに、ユーザー層の若返りを狙ったという現行カムリですが、それでも30代後半から40代前半がターゲット。

 ほかのセダンと比べれば若い年代を取り込もうとしているものの、30代・40代を「若者」とカテゴライズするには悩ましい世代ともいえます。

【画像】若者には人気なし!? スポーティさがウリの国産セダンたち (31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. 昭和発展期の車はステイタス性や走行性能を重視され大きく立派なセダンは憧れの対象だったのが、
    今の国内は走行性能は軽でも普通に充分走れるようになり日常での利便性が最優先になり
    コンパクトで取り回しが良くて、なのに室内も広々~なのが人気商品になってしまった。
    国内の世相の変化と昭和発展期からの狭い国土に合わせた細い道狭い駐車場に対し
    海外輸出優先で発展拡大し続けたセダンの進化が日本国内の交通事情とも乖離してマッチングしてないのも要因でしょう。
    セダンは人気が無いのではなくどれか一つを愛車として選ぶなら利便性優先すると購入対象にならない
    という方が多いだけ、
    また今までの古いセダンの方が取り回し良く走りも充分だと言う人は
    大きくなった最新セダンは目もくれず乗り続けてる様に見える。

    もしかしたら
    2013東モで日産が出展したIDxコンセプトカーみたいな
    往年の5ナンバー車みたいなサイズ感の小型4ドアセダンをどこか発売して見たら
    バカ売れするかも知れないよ?
    まあ、結局のところ経営上の効率化優先で
    国内自動車メーカー各社がそのサイズのセダン向きの車台新規開発を切り捨てた結果だから
    小型セダンの復権は望み薄ですがね。

    もしかしたら

  2. 現行ミラージュのセダンを北米で販売しているのだとか、しかもATだけでなくMTも。売れなくなったから車種整理されたとは言えニーズが全く無くなったわけでは無いはず。日本でも販売したら売れるのでは?ノートがEpowerだけになってたしまったので、ハッチバックも含めて日産もOEM販売を検討して欲しい。

  3. 自分はセダンが1番安全な形だと思うけどな

  4. 現行カムリに乗っている26才です。
    小さい頃からセダンに乗ることが夢で昨年購入しました。因みに両親の車はエスティマからノアといった感じでミニバン一筋です。セダンが普及しない理由は個人的には3つあって記事にあるようにイメージの問題、あとはデサインの問題、購入額の問題が大きいと思います。イメージとデザインの問題ですがやはりある程度、高級感が出てくると中年層が乗るイメージが出てくるのと若い特に20代が乗っていると回りからの目線が気になります。回りからはあんなに若いのに高級車に乗っていて調子に乗っているみたいな感じです。購入額の問題ですが言わずとも、良いなと思っても値段を見ると400万円以上と今の私の世代を含めて高いと印象を受けます。かといって下のものを探すとカローラアクシオと失礼ながら営業車のイメージが強い車になってしまっています。となれば別な車種にユーザーが流れてしまいます。本気でセダン復権を言うのなら高くても350万円以下でスタイリッシュなデザイン(おじさん臭い高級感や取っ付きにくいデサインを排除したデサイン)であれば一定のユーザーを獲得できると思います。回りでもテマザインはおいといて値段と回りからのイメージの性で諦める人が多いので各メーカーには既存イメージの脱却を図りつつ手頃なセダンを出していただけると嬉しいです。因みに私はローンを組んで買いましたが乗り心地や快適性等コンパクトカーやミニバンとは一線を引くものがあり大変満足しています。

  5. 高齢化社会を考えるとそう簡単にはセダンはなくならないと思う。

  6. 今ちょいたしグレード追加でセダンの若者人気を取り戻せそうなのは、
    Mazda3セダンに北米仕様同様の2.5Lターボモデル追加
    トヨタカローラセダンにGRモデルの追加
    この2台に期待するくらいしか…
    でもMazda3は北米専売で持ち込まなそうだし
    カローラもセダンではなく日本仕様はスポーツ(ハッチバック)のみとかになりそうだな。
    それにどちらも車両価格300万オーバーするだろうから若者では手軽に買えるものでもないだろうけど、
    かつてはこういった高性能モデルがセダン人気車種の看板モデルとして好評だったんだし、
    そう言った所にテコ入れしない国内メーカーはわざとセダン国内生産を切り捨ててる様にさえ思えるね。
    メイドインジャパンを最早世界に誇れる時代では無くなった様で残念だよ。

  7. 家族4人、5人が安全にかつ快適に旅行を楽しもうと思うと
    前後左右潰れシロがあるセダンになると思います。
    重心が高いミニバンはどうしてもフワフワ感があると思います。

  8. 自分はセダンを2台(アテンザ)乗り継いで

    悩んだ挙げ句SUV(BMW x3)にしました。(38歳)

    元々セダンが好きなので
    スカイライ、クラウン、5シリーズ、Eクラスも候補でしたが

    女性に意見求めるとほとんど
    suv>セダンです。

    ホント、自己満で高級セダン買ったところで

    周りの印象は
    SUV>セダンです。

    セダンを高い金だしてかうのがバカらしく思えました。

  9. 簡単な話。
    営業車、公用車、廉価車以外で都内を走るセダンは、もはやベンツとBMWが圧倒しています。
    それは国産セダンにマトモな車、魅力的な車がないからでしょ。
    まあセダンだけの問題ではないですけどね(苦笑)

  10. 俺は30代半ばだけど初愛車の20代の頃からFR6発セダンに拘って乗り換えてきている。
    FRも6発も減って減って選択肢無くなれば他に流れる人いてもわからんでもない。
    FFなんかに乗るくらいならセダンじゃなくていいしね。

    • むしろ駆動輪よりエンジンの搭載方向ですね。
      同じFFでも縦置きのターセル、カローラ2とか二代目レジェンドとか、水平対向のFFとか