地方在住でも3人に1人は「必要だけど持っていない」!? 新成人のクルマ事情

月額定額カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営するナイル株式会社が、東京都を除く全国の新成人に、生活にクルマが必要か、理想のクルマはどんなクルマかなどについてのインターネット調査を実施し、その結果を公開しました。

クルマが必要なのに持っていない人が33%

「若者のクルマ離れ」という言葉を耳にしますが、住む地域によってはクルマが生活必需品になっていることもあります。また、コロナ禍で公共交通機関を避けている影響からクルマの需要があがっているのも事実です。

 そこで「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営するナイル株式会社が、新成人のクルマ事情を調査しました。

新成人のイメージ
新成人のイメージ

 同調査の対象となったのは、東京を除く全国の新成人(2000年4月2日から2001年4月1日生まれ)の男女1263人。調査期間は2020年12月13日から12月25日です。

 まず、クルマは生活に必要かを聞いたところ、1056人から有効回答があり、「必要」との回答が62.2%の657人、「必要ではない」との回答が37.8%の399人という結果となりました。

 次に、先ほどの質問に必要と回答した方657人に自家用車を持っているかどうかを聞いたところ、67%は「持っている」と回答。33%は「持っていない」と回答し、生活にクルマが必要なのに持っていない人も一定数いることが分かる結果となりました。

 また、「自家用車を持っていない」と回答した人に、生活にクルマが必要なのになぜクルマを持っていないのかを聞いたところ、「お金がなく購入できない」や「自分のクルマを買えるほどの経済力がない」など、購入費用についての理由や、「維持費がかかるから」や「保険の費用がかかるから」など、維持費についての理由といった「経済的・金銭的理由」が52.1%と大きな割合を占める結果となりました。

 続いて、「免許がないから」や「学生だから」という回答があり、「その他」のなかには、「これから買う予定」や「免許取得中」、「駐車場がない」や「貯金したい」などの回答がありました。

 さらに、自家用車を持っていないと回答した人に、移動手段を聞いたところ、「自転車」が35.4%、「徒歩」が22.3%、「電車」が20%と続き、その他には、「親のクルマ」や「家族のクルマ」、「借りているクルマ」などの回答がありました。

 一方で、「自家用車を持っている」と回答した人に、理想のクルマに乗れているかどうかを聞いたところ、半数以上の55.9%が「乗れている」と回答。「乗れていない」と回答したのは44.1%でした。

 なぜ理想のクルマに乗れていないのかという質問には、64.2%が「経済的・金銭的理由」と最多。その他のなかには、「理想のクルマに出会えていないから」や「もらったクルマだから」、「貯金するため」などの回答がありました。

 次に、自家用車を持っていると回答した人に理想のクルマの条件を聞いたところ、「維持費がかからない」や「燃費がいい」などの「お金がかからない」という回答が20.4%。次に「運転がしやすい」や「デザイン・色見が良い」が続く結果となっています。

 また、「固有の車種・型」の12.6%のなかには、「SUV」や「スーパーカー」、「外車」などの回答があり、その他のなかには、「内装を自分でカスタマイズできるクルマ」や「パワーがある。エンジン音がいい」、「音が静か」などの回答がありました。

※ ※ ※

 今回の調査により、新成人のなかでは、クルマが必要なのに乗れていない人もいることや、クルマに乗っていても、理想とするクルマには乗れていない人もいることがわかりました。

 また、それらの理由としては、経済的・金銭的理由が多数を占めているようです。

【画像】理想のクルマはどんなクルマ? 新成人のイメージを画像で見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント