オーバルレースは何が難しい? インディ500で2度優勝した佐藤琢磨のスゴさとは?

昨年2020年はコロナ禍により世界中のモータースポーツが開催の危機に陥った。世界3大レースのひとつ、伝統のインディ500も8月&無観客開催となったが、そこで佐藤琢磨選手が3年ぶりとなる勝利をものにしたのは明るいニュースだった。オーバルレースの難しさとはなんなのか、そして佐藤琢磨選手の2回目の優勝はどれくらいの価値があるのか。インディ500に4度参戦経験のあるレーシングドライバー兼自動車評論家、松田秀士氏に聞いた。

100年を超える伝統レースで2回以上勝利したのはわずか20人

 昨年2020年のモータスポーツ界の話題といえば、佐藤琢磨選手のINDY500優勝だろう。琢磨選手は2017年にもINDY500に優勝していて、今回が2度目。ちなみにINDY500に複数回優勝したドライバーはそれほど多くない20人だ。

 2020年のINDY500は、第104回大会。INDY500は年に一度のレースだから、すでに100年を超える伝統のレースだ。優勝するだけでその長い歴史に名を刻むわけだが、2回以上優勝したのは現在のところ20人だけというわけだ。琢磨選手の快挙がいかに偉大なことかがわかるというもの。

2020年8月に開催された第104回インディ500の様子。オーバルレースにはどんな難しさがあるのだろうか
2020年8月に開催された第104回インディ500の様子。オーバルレースにはどんな難しさがあるのだろうか

 では、いったいINDY500とはどんなレースなのか? なぜそんなにスゴいのか? を少し解説しよう。

 レースが開催されるのは毎年5月。年に1回の開催だ。この5月の最終月曜日はアメリカ合衆国のメモリアルデー(戦没者記念日)。その前日の日曜日に開催されるのがINDY500なのだ。

 このようなことからレース前のセレモニーも盛大で、まず前日の土曜日にはドライバー全員がグリッド順にオープンカーに乗り、インディアナポリスのダウンタウンをパレードする。じつはこのパレードは、米国でも3大パレードといわれるお祭り。レース直前には米軍によるフライバイ、合衆国国歌斉唱などのセレモニーが大々的におこなわれ盛り上がる。

 そして200周500マイル(約800km)のレースが始まるのだ。しかし、2020年はコロナウイルスの影響で8月に、しかも無観客でのレース開催となったのだ。

 筆者自身1994年から1996年・1999年の4度、INDY500を戦った経験を持つが、当時は40万人ともいわれるギャラリーが観客席を埋め尽くし、それまでの練習・予選時のスピードウェイの雰囲気と異なり、コース全体が一種異様な雰囲気に包まれる。

 コース幅が狭くなったように感じられ、まるで別のコースを走っているかのような、ある種の恐怖を感じた。

 INDY500を開催するIMS(インディアナポリス・モーター・スピードウェイ)は、1周2.5マイル(約4.0km)のオーバルコースだ。オーバルコースはすべて反時計回りの左回りに走る。

 IMSは米国にある他のオーバルコースに比べて高速型で、長方形のコースレイアウトだ。2本の長いストレート(約1.0km)を繋ぐ2本のショートストレート(約200m)で構成され、4つのコーナー(米国ではターンと呼ぶ)はほとんど直角に曲がっている。

 このため第1ターンは、飛び込むまでほとんどウォール(壁)しか見えない。筆者が走ったころは、マシンの直線速度はほぼ238マイル/h(約380km/h)に達し、そこにアクセル全開でターンに飛び込むのは至難だった。マシンのセットアップとドライバーのコンディションがベストマッチしていないと、とくに速度が乗っている第1と第3ターンを全開で走ることは難しかった。

2020年12月に東京・青山のホンダウエルカムプラザでおこなわれた佐藤琢磨選手の「凱旋報告取材会」の様子
2020年12月に東京・青山のホンダウエルカムプラザでおこなわれた佐藤琢磨選手の「凱旋報告取材会」の様子

 オーバルといえば強いカント(バンク)を想像するだろうが、IMSのカント角はそれほど強くなく、9度ほどだ。スピンか強アンダーステアを出せば、ほとんどの場合クラッシュする。筆者が走ったころは無垢のコンクリートウォールだったが、現在はセイファーウォールと呼ばれる衝撃吸収ウォールになっていて、より安全性が増している。とはいえとんでもない速度でコーナリングしバトルするのだから、相当デンジャラスであることには変わりない。

【画像】佐藤琢磨選手のインディ500での勇姿を画像でチェック!(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント