日産 新型SUV「キャシュカイ」見えた!?「e-POWER」初搭載で2021年春発表

日産のクロスオーバーSUV「キャシュカイ」の新型モデル(プロトタイプ)が公開されました。3代目にフルモデルチェンジするキャシュカイですが、欧州初の技術が搭載されます。

新型キャシュカイに欧州初の「e-POWER」を搭載

 日産の欧州法人は、クロスオーバーSUV「キャシュカイ」の新型モデルのプロトタイプを2020年11月13日に公開しました。

 現行キャシュカイは2014年に登場した2代目モデルで、かつて日本でも販売されていた「デュアリス」の後継車になります。

初公開された日産新型「キャシュカイ」
初公開された日産新型「キャシュカイ」

 2007年に初代モデルがデビューして以来、欧州では300万台以上を販売。同市場におけるミドルクラスクロスオーバーSUVの先駆者としての地位を築いてきました。

 フルモデルチェンジして3代目となる新型キャシュカイですが、現在導入に向けての最終準備が進んでいるといいます。

 今回発表された新型キャシュカイの画像では、ボディがカモフラージュ柄に包まれているためデザインの詳細はわかりません。

 しかし日産は、現在のキャシュカイの“ちょうど良い”プロポーションを維持することを中心に開発したといいます。

 都市部の道路でも取り回し性が良く、狭いスペースでも楽に駐車できるサイズでありながら、優れた室内空間を実現しているようです。

 なお、新型キャシュカイのスタイリングは、従来モデルと同じく、英国ロンドンに拠点を置く「ニッサンデザインヨーロッパ」のチームが担当。エンジニアリングは英国ベッドフォードシャー州クランフィールドにある「ニッサンテクニカルセンターヨーロッパ」が担当しました。

 新型キャシュカイは、最先端の「CMF-C」プラットフォームを欧州で初めて採用しています。

 CMF-Cプラットフォームのベース構造(バックボーン)は、衝撃を構造体に伝達しやすくするために、より均質な形状に改良することで、クラックルゾーンのエネルギーをより効果的に吸収し、事故の際に乗員に伝わる潜在的な負荷を軽減する効果があるといいます。

 また、リアハッチバックドアに初めて複合材を採用したり、フロントとリアのドア、フロントフェンダー、ボンネットをすべてアルミ製に変更。高度な製造技術により、現行モデルに比べて60kg軽量化され、剛性は41%向上しました。

 これにより、ワンランク上のセグメントのような洗練された走りや乗り心地、走りのレスポンスを実現するとともに、事故時の安全性にも優れたボディを実現しています。

※ ※ ※

 新型キャシュカイは、1.3リッターガソリンエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせたモデルとして、出力の異なる2つのパワートレインが用意される予定です。

 さらに、ガソリンエンジンで発電した電気でモーターを駆動する「e-POWER」が、欧州で初めて導入されることになりました。

 パワートレインのスペックについては、市場投入時に公表されるということです。

【画像】先進装備満載! カモフラ柄に包まれた新型「キャシュカイ」をチェック(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント