トヨタ「アルファード」なぜ快進撃続く? 兄弟車「ヴェルファイア」と人気が逆転した背景とは

トヨタの高級ミニバンの姉妹車同士である「アルファード」と「ヴェルファイア」。以前はヴェルファイアの新車登録台数が多かったのですが、最近ではアルファードが逆転して上位になっています。その要因とはいったいどのようなものなのでしょうか。

販売台数ランキングで5位に君臨するアルファード

 新型コロナウイルスの影響により各業界で赤字転落する企業が増加しているなか、2020年11月6日にトヨタは中間決算発表に合わせて、今年度のグループ全体の業績見通しを上方修正し、これまで7300億円としていた最終的な利益を1兆4200億円に引き上げました。

 また、2020年10月の登録車販売台数では、トップ10のうち、7位・8位のホンダ「フィット」「フリード」以外の8台をトヨタ車が占め、コロナ禍においてトヨタの底力を発揮しています。そのなかで、高級ミニバンの「アルファード」は5位にランクインしました。

トヨタ「アルファード」
トヨタ「アルファード」

 アルファードの価格帯(消費税込)は、ガソリン車の352万円からハイブリッド車の775万2000円となっており、高価格帯に位置づけられるアルファードは、トヨタの利益に大きく貢献しているモデルといえます。

 2002年に発売されたアルファードの初代モデルは販売チャネル違いで、わずかなデザイン違いのアルファードG、アルファードVとして販売されていました。

 しかし、2008年に2代目になった際にアルファードVは「ヴェルファイア」として刷新され、フロントマスクなどを大きく変えた姉妹モデルへと変化しました。

 ネッツ店で販売された初代ヴェルファイアは、アルファード扱いのトヨペット店より店舗数が多いネッツ店で販売されたことに加え、2段に分かれたヘッドライトが精悍なフロントフェイスを作り出し、2代目アルファードより販売台数が多くなりました。

 そして、2015年に3代目アルファードおよび2代目ヴェルファイアへ刷新された後もしばらくはヴェルファイア優位が続きます。

 しかし、直近の2020年10月の登録台数は、アルファード1万93台、ヴェルファイア1261台となり、約8倍もアルファードの方が売れているのです。

 この大きな逆転現象について、都内の元ネッツ店であるトヨタモビリティの販売店に話を聞きました。

――2020年11月現在、アルファードとヴェルファイアは両方取り扱いがあると思いますが、どちらの方がおすすめ、といったことはありますか。

 装備や性能はまったく同じとなっており、どちらがおすすめということはございません。デザインが違うので好みのデザインを選んでいただければ良いかと思います。

――そちらは元ネッツ店でしたが、ヴェルファイアの方が下取りが有利だったり、値引きが多かったりすることはありますか。

 とくに、アルファードとヴェルファイアについては有利不利ということはないですね。

――やはりアルファードの方が人気ですか。人気の理由は、一体なんでしょうか。

(アルファードの)押し出し感のあるフロントグリルが好まれ、選ばれる人が多いですね。イメージとしては8:2ぐらいでアルファードを希望される人が多いです。ヴェルファイアに乗られていた人がアルファードへの乗り換えるケースも多くあります。

【画像】案外違う? オラ顔高級ミニバンの王道「アルヴェル」ふたつの顔を比較(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント