ビタミンカラーで元気が出るランボルギーニ「ウラカンEVO」って?

ランボルギーニ「ウラカンEVO」に、ビタミンカラーをボディカラーに採用した「ウラカンEVO Fluo Capsule」が登場。小技の効いたちょっと元気が出そうなウラカンEVOの詳細を紹介しよう。

エクステリアはビタミンカラーの5色から選択

 2020年11月3日、アウトモビリ・ランボルギーニは「ウラカンEVO」の新たなコレクション「ウラカンEVO Fluo Capsule」を発表した。

「ウラカンEVO Fluo Capsule」はマットブラック部分へボディカラーと同色の差し色が加えられる
「ウラカンEVO Fluo Capsule」はマットブラック部分へボディカラーと同色の差し色が加えられる

 ウラカンEVO Fluo Capsuleのボディカラーは、ランボルギーニのラインとシェイプを強調する鮮やかなボディカラーの伝統にインスピレーションを得て、ウラカンのダイナミズムにさらに躍動感を加味し、ストリートでの存在感を一層高める鮮烈なバイオカラー(ツートンカラー)が採用された。

 今回採用されたボディカラーは、Verde Shock(グリーン)、Aracio Livrea(オレンジ)、Celeste Fedra(ブルー)、Arancio Dac(オレンジ)、Giallo Clarus(イエロー)の5色。

 ルーフやフロントバンパー、サイドスカートはマットブラックを採用し、サイドミラーのラインやリアスプリッターの縦ラインなど、マットブラック部分へボディカラーと同色の差し色が加えられる。

 インテリアはフルブラックとなり、スタンダードのコンフォートシートのほかに、オプションでアルカンターラか単色レザーのEVOスポルディーヴォ・トリムを備えたスポーツシートを選ぶことが出来る。

 センターコンソールにあるスタート&ストップボタンの蓋は通常は赤だが、エクステリアで選択したボディカラー同色となるのが特徴だ。また、ヘッドレストのランボルギーニ・シールドロゴの刺繍もボディカラーと同色となる。

 日本導入時期や車両価格などは未定だ。

【画像】ヴィヴィッドカラーの「ウラカンEVO Fluo Capsule」のカラバリを見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント