コロナ禍でエアストリーム爆売れ! アフターコロナの新・旅スタイルとは?

コロナ禍で瀑売れしているのが、高級車やキャンピングカーだ。それは移動や旅のスタイルが変化したためである。こうした現象は海を渡ったドイツでも同じ。キャンビングトレーラーのエアストリームが空前絶後の人気だ。もちろん牽引するのは、ポルシェ「カイエン・ターボS Eハイブリッド」のような高級SUVだ。

旅のスタイルは、飛行機からクルマへ!

 新型コロナウイルスのパンデミックによって、さまざまな分野で大きな経済的打撃が報告されているが、観光産業ほど痛手を負った産業もないだろう。多くの人が同じ空間を共有する移動手段(飛行機、客船)での旅行スタイルは、この先数年はコロナ禍以前の状況には容易に戻りそうもない。

新型コロナウイルスは旅のスタイルも変えた。これからゴージャスな旅はキャンピングトレーラーを牽引してのロードトリップになるかも
新型コロナウイルスは旅のスタイルも変えた。これからゴージャスな旅はキャンピングトレーラーを牽引してのロードトリップになるかも

 そこでいま見直されているのが、クルマを使った旅行スタイルだ。シュトゥットガルト近郊にあるハイルブロン大学で観光学を教えるクリスチャン・バウアー博士は、「持続可能な陸上観光が成功を収めるだろう」と予想している。

「キャンプやキャラバンは1970年代には手頃な価格のレジャーとしても人気がありましたが、1980年代にはオールインクルーシブのパッケージホリデーが台頭してきました。

 そして現在では再びキャンプが見直されてきていますが、現在はよりお金をかけたグランピングが主流となっています。そこでドイツにおけるアフターコロナの観光産業のブームは、ハイウェイを使ったキャラバンになるでしょう」とバウアー博士は予想している。

 グランピングとは、「グラマラス」と「キャンピング」をかけ合わせた造語。ラグジュアリーにアウトドアを楽しむスタイルで、2015年頃に海外セレブを中心に流行していたグランピング・スタイルが日本にも上陸している。

 現在、日本ではキャンピングカーが流行しているが、スタイリッシュかつラグジュアリーなスタイルでグランピングを満喫したいと思うVAGUE読者には、「エアストリーム」をポルシェ「カイエン・ターボS Eハイブリッド」といった高級ハイブリッドSUVで牽引するスタイルがオススメだ。

 米国からドイツにエアストリームを輸入しているROKA Werk社代表のArmin Heun氏によると、コロナ禍においてこれまで経験したことのないほど売れ行きが好調であるという。

「通常、夏に向けてトレーラーの在庫を増やすのですが、新型コロナウイルスの危機が発生した際には、たった数週間で完売してしまいました。

 弊社は年率10%という安定した成長を過去何年も続けてきましたが、突然、まったく新しいタイプのお客様からのオーダーが殺到するようになり、在庫がすべて売り切れたときには、当社の展示トレーラーさえ売れてしまったほどです。

 このようなお客様は、普段から世界の美しい場所に、多額の予算を使って長距離の旅行をしている人たちです。今では、行きたいときにいつでもクルマに乗って新しい場所を訪れ、必要なときにいつでも家に帰ることができるのです」

 日本では災害のあとなどにキャンピングカーの販売が好調になる傾向にあるが、コロナ禍においても同様だ。同じような現象は、日本だけでなくドイツでも起こっているのである。

 日本ではサイズの制限もあるため、トレーラーハウスを牽引するスタイルよりもキャンピングカーの方が気軽で人気があるが、エアストリームならば自宅駐車場でテレワークの書斎としても活用でき、何よりカッコいい。

【画像】アフターコロナのゴージャス旅はこれだ!(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント