SUV人気のなかスバル新型「レヴォーグ」ついに登場! 手放し運転可「アイサイトX」でワゴン市場の再興なるか?

スバルは2020年10月15日に新型「レヴォーグ」を発表しました。「アイサイトX」をはじめ、スバルの持つ最新技術が詰め込まれており、ステーションワゴン市場が今後どう盛り上がりを見せるか、注目されます。

待望の新型「レヴォーグ」がついに発表!

 スバルは、2020年10月15日に新型「レヴォーグ」を発表しました。2020年8月20日から10月14日までおこわれた先行予約台数は8290台(初年度計画台数:2200台/月)を記録するなど、注目度の高さがうかがえます。

2020年10月15日に発表されたスバル新型「レヴォーグ」
2020年10月15日に発表されたスバル新型「レヴォーグ」

 新型レヴォーグで注目されるのは、特定条件下で手放し運転が可能になる高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」の搭載です。

 GPSや準天頂衛星「みちびき」などからの情報と、車線単位の道路情報を持つ3D高精度地図データを組み合わせることで、自動車専用道路での渋滞走行時(0km/hから約50km/h)での渋滞時ハンズオフアシスト機能(条件を満たした場合のみ可能)や、料金所の手前で減速・加速を自動でおこなう料金所前速度制御などが可能となります。

 また、クルマがドライバーの異常を判断した場合に、徐々に減速・停止し、ハザードランプやホーンで異常を周囲に知らせる「ドライバー異常時対応システム」にも対応しました。

 一方、近年モデル数が減少傾向にあるステーションワゴンのカテゴリに属するレヴォーグは、積載性と気持ち良い走りを両立するというステーションワゴンならではの特徴にも磨きをかけています。

 荷室は、大容量のサブトランクを新たに採用し、荷室総容量を561リッターとして積載性能を向上させたほか、搭載するエンジンには、新開発の1.8リッター直噴ターボ“DIT”エンジンを採用。

 低回転域から300Nmの高トルクを発生する新エンジンは、あらゆるユーザーに走る愉しさを提供します。

※ ※ ※

 新型レヴォーグの登場で、今後国産ステーションワゴン市場の盛り上がりが期待される一方、スバルは並行してSUVカテゴリの充実にも力を入れてきました。

 2020年10月現在、スバルは国内で「XV」「フォレスター」「アウトバック」という3車種のSUVを販売しているほか、北米市場ではスバル史上最大の3列シートSUV「アセント」をラインナップ。

 また、現在トヨタと共同で開発しているCセグメント級のピュアEVも、SUVとして登場することが発表されている状況です。

 近年、SUVは国を問わず世界的に人気のカテゴリとなっていることから、スバルは今後も開発に力を入れていくと見られます。

 それではここでクイズです。

 フォレスター、そしてXVの前身ともいえるモデルで、1995年に登場。インプレッサワゴンをベースに、RV風に仕立てられたクロスオーバーモデルの名前は次のうちどれでしょうか。

【1】インプレッサ カサブランカ

【2】インプレッサ グラベルEX

【3】インプレッサ リミックス

【4】インプレッサ クロスオーバー

※ ※ ※

 正解は【2】の「インプレッサ グラベルEX」です。

 当時、RVブームで本格的なクロスカントリー4WD車がヒットしていたことから、「インプレッサスポーツワゴンWRX」をベースにアウトドア風の外観となるようなパーツを装着。

 フロントにはグリルガード、リアにはスペアタイヤが装着され、最低地上高を185mmに設定するなどの変更がおこなわれました。

 ちなみに、不正解の選択肢のうち【1】の「インプレッサ カサブランカ」は実在したモデルとなります。

 1998年に市販化され、インプレッサのフロントフェイスにクロームメッキのフロントグリルや丸型ランプ類を装着し、内装にはモケットシート&ドアトリム、2トーンの本革巻ステアリングホイールなどを採用するなど、クラシックカー風に仕立てられたモデルでした。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

スバル・レヴォーグ のカタログ情報を見る

【画像】外観も刷新! スバル最新ワゴン「レヴォーグ」はリアもカッコいい…! 画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント