「シルビア」いつ出る? フェアレディZで狼煙を上げた! 日産スポーツの復権あるか

日産は次期型「フェアレディZ」のプロトタイプをお披露目したことで多くの注目を集めています。その一方で、同じ日産スポーツのDNAを持つ「シルビア」の復活を熱望する声も多いです。では、フェアレディZで狼煙を上げた日産のスポーツカーラインナップにおいて、シルビアが復活する可能性はあるのでしょうか。

日産は「Z」と「GT-R」、一方トヨタは新型スポーツモデルが多数

 2020年9月16日、日産スポーツの歴史と伝統を投影しながら進化するピュアスポーツである次期型「フェアレディZ」のプロトタイプを世界初公開しました。
 
 過去、日産車には数々のスポーツモデルがありましたが、「Z」が日産のブランド・アイデンティティを正統継承するスポーツカーであることに異論はないでしょう。
 
 一方でファンの間で長い間復活が期待されているモデルに「シルビア」が挙げられます。では、フェアレディZで日産スポーツの復権が期待されるなか、シルビア復活の可能性はあるのでしょうか。

2002年で販売終了となっている「最後のシルビア(S15)」。今後、シルビア復活の可能性はあるのか。
2002年で販売終了となっている「最後のシルビア(S15)」。今後、シルビア復活の可能性はあるのか。

 トヨタは、2012年に「86」、2019年に「スープラ」などかつて販売していたスポーツカーを彷彿とさせるモデルを投入。

 日産も2007年に「GT-R」、2008年に現行型「フェアレディZ」を投入するなど、多くのスポーツモデルを登場させています。

 フェアレディZならびにフェアレディは、その時々で明快な日産スポーツを主張するクルマでした。スパルタンともいえるオープンスポーツのSP/SR系は、1961年の全日本自動車ショーでデビューし、翌年SP310型「フェアレディ1600」として発売。これは、ホンダ「S500」よりも1年早い登場で、まさに日本初の本格的スポーツカーの登場でした。

 1970年代に向けて1969年、日産スポーツの真骨頂といえるS30系「フェアレディZ」がデビューします。

 米国で「Z-Car」の愛称で呼ばれたフェアレディZは、当時の米国日産社長・片山豊氏が企画し、欧州製本格スポーツモデルに負けないクルマを送り出すことを目標に開発された、2シータースポーツクーペです。1970年代のニーズを捉えた大胆なモデルチェンジでした

 その後、日産フェアレディZは、S130系など日産スポーツを牽引する歴代モデルを輩出。しかし、6代目とされる現行型のZ34型系フェアレディZは、2008年に登場したまま、最近の日産車に多い“ほったらかし”にされたクルマとも云われています。

 日産には、Zに加えてブランドを代表するスポーツモデルとしてR35型GT-Rが存在。しかし、このクルマは型式名からも分かるように、旧プリンス自動車のスカイラインを起源に持つプリンススポーツというべきモデルです。

 このGT-Rにしても2007年に登場して以来、継続するロングライフモデルですが、毎年のように改良を受け“イヤーモデル”を発表。進化を続けるスポーツカーといえます。

 しかし、登場以来10年以上経ったこの2台だけが日産スポーツという現状は、日産ファンであっても、いささか「?」な部分といえます。

 日産にはかつて、「Z」や「GT-R」以外にもスポーツモデルと呼べるシルビアや「180SX」などのコンパクトなFRスポーツがラインナップされていました。

 一方、トヨタは近年、スバルとの共同開発車となる「86/BRZ」に始まり、GRスポーツなどスポーツモデル開発に積極的です。

 最近では、BMWとともに直列6搭載エンジンにFRレイアウトという伝統を継承する「スープラ」を復活させたほか、ラリーカーともいえるスポーツ4WDシステムを搭載する「GRヤリス」を発売しました。

 このようなトヨタのスポーツ志向は、レーシングドライバーでもあるモリゾウこと豊田章男社長の意向が強く働いているといえます。

 ことある毎に「もっといいクルマ」をつくるには「モータースポーツでクルマを鍛える」と発言する、豊田氏のクルマづくりの基本的なスタンスがあるからこそのスポーツモデルなのです。

 思えば、34型スカイラインGT-R以降途絶えていたGT-Rの2007年の復活や、2008年のフェアレディZの復権は当時、“コストカット”を声高に叫んでいたカルロス・ゴーン氏のひと声で決まったと云われます。

 開発に膨大な資金と時間を要するスポーツカーの開発は、大きな組織になるほど強力なリーダーシップが必要だということを指し示しているのかもしれません。

【画像】かつて「次期シルビア」と言われた車があった!? 復活を望むシルビアをささっと見る!(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 要はアメリカで売れそうかだけの問題で、”シルビア”が出たとしても、それは日本人が思う”シルビア”は出ないだろう。
    それって”レパード”でいいんじゃない?クラスのサイズなら出るかもな。

  2. 日本人の求めるシルビアはFRで1800/2000ccターボ。出しても日産を救える台数は残念ながら売れないでしょう。Zを出すだけでもよくやったと思います。買い手、売り手。誰も悪くなく趣味グルマ市場が縮小してしまったから。。。趣味グルマを持てるほど大半の日本人は裕福ではないんです。

    • というかそもそも車に乗ろうって思ってる若者も少ないしね。検索すれば車好きの20代とかは出てくるけど、20代全体で見たら車に執着してる人間なんて珍しいし、スポーツカーなら尚更。日本でライトウェイトスポーツを売りたいなら、相応のムーブメントを起こす必要がある。

  3. というかそもそも車に乗ろうって思ってる若者も少ないしね。検索すれば車好きの20代とかは出てくるけど、20代全体で見たら車に執着してる人間なんて珍しいし、スポーツカーなら尚更。日本でライトウェイトスポーツを売りたいなら、相応のムーブメントを起こす必要がある。