いまや軽自動車は世界で人気!? 日本勢に立ちはだかる Aセグメントモデルとは

日本で人気の軽自動車ですが、欧州市場などでは似たパッケージを展開するAセグメントモデルが人気を博しています。軽自動車のライバル的存在ともいえるAセグメントモデルですが、どのようなものなのでしょうか。

軽自動車の進出を阻む海外のAセグ勢

 日本で人気の軽自動車ですが、海外市場でも似たようなパッケージのAセグメントモデルが展開されています。軽自動車に近しい存在といえるAセグメントモデルとは、どのようなものなのでしょうか。

軽自動車の前に立ちはだかるAセグメントモデル(画像:Toyota「aygo」)
軽自動車の前に立ちはだかるAセグメントモデル(画像:Toyota「aygo」)

 日本独自の発展を遂げてきた軽自動車は、ボディサイズが全長3400mm×全幅1480mm×全高2000mm以内、エンジン排気量は660cc以内、最大4名乗車で貨物積載量350kg以下となり、各自動車メーカーの自主規制により最高出力は64馬力までとなっています。

 また、かつては「軽の安全面は不安」とされていましたが、ボディの進化や衝突被害軽減ブレーキ、追従型クルーズコントロールといった先進安全装備も充実してきているため、近年ではコンパクトカー(日本では5ナンバー車)に匹敵する性能を持っているモデルも存在。

 一方で、欧州市場には軽自動車に似たパッケージのAセグメントモデルが各自動車メーカーから販売されています。

 2020年度内に生産終了といわれている三菱のEV軽自動車「i-MiEV」は、2009年にPSAとOEM契約を締結し、プジョー「iOn(イオン)」、シトロエン「C-ZERO」として2010年から欧州市場で販売されました。

 しかし欧州にはライバルとなるAセグメントのモデルが多く存在します。日本の軽自動車はサイズ的にも出力的にも、現地での税制に関係ない枷(かせ)がはめられたクルマとしているようで、日本メーカーも積極的に進出しようとはしていません。

 日本でも輸入されている欧州Aセグメントモデルには、スマート「フォーツー/フォーフォー」、ルノー「トゥインゴ(スマート・フォーフォーと兄弟)」、フィアット「500」、フィアット「パンダ」、フォルクスワーゲン「up!」が挙げられます。

 さらに欧州ではトヨタとPSAがAセグメントモデルを共同開発し、合弁会社を設立してチェコで製造しています。

 トヨタ「アイゴ」、プジョー「108」、シトロエン「C1」の三兄弟は、2014年3月のジュネーブで同時公開され、いずれも車両重量800kg台半ばの軽量コンパクトなシティコミューターとして人気を博しています。

 ルノーはアジアや南米でライバルのAセグメントモデルに対抗すべく、2015年にクロスオーバーSUVの「クウィッド(KWID)」を発売。インドとブラジルで製造販売するとともに、インドネシアでも販売されています。

 また、フィアットは「ウーノ」が本国で生産終了となってからもブラジルで独自モデルを2010年に発表し、2017年にフルモデルチェンジしています。

 全長3820mmでサイズ的にはギリギリAセグメントといったところですが、ブラジルではフォルクスワーゲン「ゴル(ゴルフではない)」と販売台数トップを争う大人気モデルです。

【画像】欧州Aセグカーは魅力的? 人気モデルをささっと見る!(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント