アクラポビッチ・マフラー装着!! アバルト「595/595C エッセエッセ」登場!

2020年9月19日から、往年の「595」トップエンドモデルである「595 SS」の血統を受け継ぐ限定車アバルト「595/595C esseesse(エッセエッセ)」が、計305台限定で販売される。限定車の車両価格と専用アイテムを紹介しよう。

往年の「595 SS」が現行モデルで蘇る!

 FCAジャパンは、アバルトのスポーツハッチバック/カブリオレ「595」シリーズに、往年の高性能モデル「595 SS」にオマージュを捧げる限定車「595/595C esseesse(エッセエッセ)」を設定し、2020年9月19日より、計305台限定で販売すると発表した。

往年の「595」トップエンドモデルである「595 SS」の血統を受け継ぐ限定車アバルト「595/595C エッセエッセ」が、計305台限定で販売される
往年の「595」トップエンドモデルである「595 SS」の血統を受け継ぐ限定車アバルト「595/595C エッセエッセ」が、計305台限定で販売される

 今回限定販売された595/595C エッセエッセは、1963年に登場した595シリーズの原型である「フィアット・アバルト595」に、さらなるチューンを施した「フィアット・アバルト595 SS」を由来とする限定車だ。

 車名の「esseesse(エッセエッセ)」は、「SS」をイタリア語読みしたもの。その名が示す通り、往年の「595 SS」同様、スポーツ性を高める排気系チューンやボディサイドのストライプを始めとする数々の専用アイテムが与えられている。

 限定車のベースは、最高出力180psを誇る「595 Competizione(コンペティツィオーネ)」である。これにアクラポビッチ社製のエキゾーストシステムを搭載。ベース車に標準装備されるレコードモンツァとはひと味違った排気音が特徴となっている。

 またボディカラーには、「595 SS」を彷彿とさせるGrigio Campovolo(グレー)を採用。これにホワイト仕上げの17インチアルミホイールやサイドストライプなど、現代風のアレンジが加えられている。

 インテリアには、限定車専用に赤いステッチが施されたサベルト製スポーツシートや専用カーボンインストルメントパネルを装備し、レースモデルをイメージさせる仕立てとなっている。

 今回の限定車での最大のトピックは、通常はベース車には設定のないカブリオレが用意されている点だ。

 トランスミッションもATモード付5速シーケンシャルトランスミッション(MTA)と5速マニュアルトランスミッション(MT)の2種類が用意されており、好みの組み合わせが可能となっている。なおステアリングは、全車右ハンドル仕様だ。

●プライスと販売台数

 車両価格(消費税込)と販売台数は次のとおり。

・595エッセエッセ/MT/403万円/110台
・595エッセエッセ/MTA/420万円/60台
・595C エッセエッセ/MT/426万円/90台
・595C エッセエッセ/MTA/443万円/45台

アバルト・595 のカタログ情報を見る

【画像】限定305台で蘇る! アバルト「595/595C エッセエッセ」登場!(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント