Jeepのプラグインハイブリッド「レネゲード4xe」2020年秋より販売スタート!

Jeepは、2020年秋に日本導入される「レネゲード4xe」に先立ち、MUTEK.JPとのコラボレーションによる特設サイトをオープンした。

レネゲードからJeepの電化が始まる!

 FCAジャパンは、JeepのコンパクトSUVの「レネゲード」に、FCAジャパンとして初めて、日本にJeepプラグインハイブリッド車「4xe(フォーバイイー)」を導入し、2020年秋より、全国のジープ正規ディーラーにて販売を開始する。

●プラグインハイブリッドはレネゲードから

日本でのJeepのハイブリッドモデルは、「レネゲード4xe」から始まる
日本でのJeepのハイブリッドモデルは、「レネゲード4xe」から始まる

 レネゲード4xeは、従来の1.3リッターガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせることにより、Jeepならではの四輪駆動性能をパワーアップするとともに、卓越した走行をゼロ・エミッションで実現するモデルである。

 導入予定のグレードは、「リミテッド」および「トレイルホーク」の2グレードだ。

 レネゲード4xeの走行性能、各種装備、販売開始日、車両価格などの詳細については、今秋の販売開始と同時に発表される予定となっている。

 いち早くレネゲード4xeの情報を知りたいという人は、2020年8月7日よりJeepが公式ウェブサイト内にオープンした特設サイトを閲覧するといいだろう。

●「Jeep リアルハイブリッドキャンペーンMUTEK.JPを実施!

 今回のJeep 4xeサイトは、環境に配慮して進化を続けるJeepの次世代への進化を表現すべく、デジタルアート界で国際的な芸術文化活動をおこなう団体「MUTEK」とのハイブリッドなコラボレーションで構成されている。

 新たに始まるキャンペーンは、MUTEK.JPから選ばれた7人のe-Creatorsの作品のなかから、一般投票と特別投票で選ばれた1名のアーティストに、Jeepの2021年ブランドアンバサダーとして活躍してもらうというもの。

「新しい自由と冒険」というテーマの作品紹介と投票は、2020年9月14日から10月12日までおこなわれる。

* * *

●MUTEK.JPとは

 MUTEK.JPは、デジタル・クリエイティビティ、電子音楽、オーディオ・ビジュアル アートの創造性の開発、文化芸術活動の普及を目的とした、国際的に名高い芸術文化活動を行う団体。

 1999年にカナダ・モントリオールからスタートした「MUTEK」は、文化芸術に関わる才能豊かな人材の発掘・育成をサポートし、常に新しいアイデアやコンテンツの創出支援をコンセプトに掲げ、自由で実験的な表現の場を提供するクリエイティブ プラットフォームを構築している。

「MUTEK」の由来は「MUSIC」と「TECHNOLOGY」だが、そのなかにある「MUTATION(融合)」の概念を重要視し、テクノロジーによって進化した音楽の突然変異を最前線で追い続けながら、音楽とテクノロジーとの対話の世界を探求し続けるという考え方をもっている。変化する時代のなかで、コンテンツの価値を探り、常に進化をしていくことをビジョンに掲げている。

 本拠地のMUTEKでは、世界各地から毎年約3万人以上の来場者がカナダ・モントリオールに訪れ、現在ではモントリオール、メキシコシティー、バルセロナ、ブエノスアイレス、ドバイ、サンフランシスコ、そして東京と、世界7か国で開催される、国際的な大きなフェスティバルへと成長と発展を続けている。

 日本では、アジア唯一の展開として2016年にMUTEK Japanを設立し、多種多様なプログラムを通じて、様々なアーティスト・クリエーターと交流するクリエイティブ・コミュニティの機会を創出している。

【画像】悪路走破性も申し分なし! Jeep「レネゲード4xe」のスタイルチェック(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント