「スッと発進」で驚く加速感!? 新型キックスはナニがスゴいのか

2020年6月24日に日本で発表された日産の新型SUV「キックス」。すでに国内のSUV市場には各社からさまざまなモデルが登場していますが、新型キックスはどのようなSUVなのでしょうか。今回、クローズドテストコース「GRANDRIVE」にて、自動車研究家の山本シンヤ氏が試乗した様子を紹介します。

新型キックスはコンパクトSUV市場に一石を投じるか!?

 内田誠社長兼COO体制になった“新生”日産の第1弾となるモデル「キックス」は、10年ぶりの国内新規導入で多くの期待が寄せられています。

 筆者(山本シンヤ)は公道試乗に先駆けて、神奈川県横須賀市にある日産のクローズドテストコース「GRANDRIVE」で試乗をしてきました。

10年ぶりのブランニューモデルとなった新型「キックス」
10年ぶりのブランニューモデルとなった新型「キックス」

 エクステリアの印象は「エクストレイル」をギュッと凝縮したイメージで、「スポーティ」さと「先進性」、そして決してこれ見よがしではない「いい物感」を備えています。

 個人的にはディーラーオプションのフロント/リアのアンダープロテクター、サイドシルプロテクター、ルーフスポイラーをプラスすると、腰高感が抑えられるのでおススメです。

 ボディカラーは全12色と豊富で、色によって「アクティブ」、「知的」とさまざまな表情を見せます。

 インテリアは水平基調で奇をてらわずオーソドックなデザインで、直感操作が可能な空調スイッチやレバー式の電制シフトなど操作性は良好です。

 ダブルステッチ付シートやソフトパッド&ドアトリム、グロスブラックの加飾などにより質感を高めていますが、樹脂パーツやスイッチ類など、クオリティのバランスが気になるところも。

 また、「アナログ+7インチフルカラーディスプレイ」のメーターがすでに前時代的な感も否めません。先日、北米で発表されたばかりの新型「ローグ」に採用されたフル液晶メーターを水平展開できれば、インテリアの印象はガラッと変わると思います。

 運転席に座ると視界の良さと開放感が高いことにビックリ。Aピラーはどちらかといえば太めですが、フロントガラスの見開き角度や低いウエストライン、さらに突起の少ないインパネなどの工夫が効いています。

 後席の居住性はエクスリアから想像できない広さで、身長170cmの筆者でも足元スペース、頭上スペース共にこぶし1個以上の十分余裕がありました。

 肩周りの張り出しが少ないフロントシートやグラスエリアの広さも相まって視覚的な開放感も高く、ファミリーカーとしても十分使えます。

 この辺りは、デザインはいいけど実用性に乏しい「ジューク」の反省が活かされているような気がしました。

 ラゲッジスペースはMサイズのスーツケース4個を飲みこむクラストップの容積が確保されていますが、電動リアゲート未採用は残念な部分です。

 パワートレインは全車「e-POWER」です。価格訴求のガソリン車を設定しなかった割り切りは、個人的には高く評価したいポイントです。

 発電用エンジン(1.2リッター直列3気筒)、モーター、インバーター、バッテリーといった基本構造は「ノート」と同じですが、キックスへの搭載に合わせてエンジン出力は5%、バッテリー出力は14%引き上げられ、モーターの最大出力は95kW(19%アップ)、最大トルクは260Nm(2%アップ)で、「リーフ」と同等のパワーウェイトレシオを実現しています。

 フットワークは「マーチ」やノートに採用される「Vプラットフォーム」ですが、ワイドトレッド化&ロングホイールベース化、車体主要部位やサスペンションメンバーなどに高剛性構造が採用された「Ver.2」といってもいい進化版(欧州専売で高い評価を得ているコンパクトハッチ「マイクラ」に近い仕様)。

 加えて、キックス用に高応答の大径ダンパー、ウレタンのパンプストップ、17インチのタイヤなどが奢られています。

【画像】ライバルより広くて速い!? 新型キックスの魅力を写真で見る!(38枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント